ピン(ping)おすすめドライバー10選!特徴や目的別の選び方を徹底解説

ゴルフ用品・小物

「ピン(PING)」という社名は、パターがボールに触れる瞬間の澄んだ音に因んだものです。現代「ピン型パター」とヘッド形状を表現する言葉も、この「ピン社」が由来とされています。

1959年、創業者「カーステン・ソルハイム」は、自宅ガレージで自分が苦手だったパターを、「自分に合ったものを作る」と始めたのが発端とされています。 「前作を超えるものが作れなければ新作は出さない」というポリシー もあり、日本人が好む職人気質のあるメーカーではないでしょうか。

近年では全英女子オープンを制した渋野日向子プロ、賞金女王に輝いた鈴木愛プロなど、女子プロゴルファーから人気があります。

この記事では、ピンのドライバーの選び方、おすすめ10類の特徴やスペックを、目的別・状況別に紹介します。

クラブ買取

ピンのドライバーの選び方

ピンからは、幅広い層にマッチしたドライバーが販売されています。

ここでは、目的や悩みごとの選び方を紹介するので、自分に合いそうなドライバーをイメージしてみましょう。

より自分好みにしたいなら「弾道調整機能付き」

G410やG425シーズなど、ピンの主要ドライバーには 弾道調整機能が搭載されているので、自分が求める弾道に近づけられます 。自分のスイングや弾道のクセを把握していれば、調整することでブレのない有利なティーショットを打てるのです。

例えば、右に出るスライスを防ぎたいなら調整機能をドローポジションへ、左に出るフックを防ぐならフェードボジションへ可変ウェイトを動かすことで、ミスを防ぎつつ自分のイメージする弾道を打ちやすくできます。

スライスに悩んでいるなら「SFT」

スライスに悩んでいるなら「SFT」をおすすめします。SFTとは、「G410」などの各シリーズにあるひとつのモデル名称です。例えば「G410 SFT」など。

弾道調整機能が搭載されていないタイプですが、 ヒール寄り重心なのでボールを捕まえやすいドロー設計 になっています。そのため、右に出るスライスを抑制することができるのです。

スライサーが多いとされる日本人向けのドライバーとも言えます。

ブレをおさえて飛ばしたいなら「425シリーズ」

425シリーズは、「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」という、クラウン部を極薄にする設計で、前作よりも約4%深い低重心を実現しています。

低重心にすることで慣性モーメントがアップし、不要な振動を抑えてクラブヘッドのブレを少なくすることが可能です。

そのため、 振り切ったスイングでもヘッドが安定し高弾道で低スピンのボールを打つことができます 。キャリー後のランも期待できるので、さらなる飛距離アップも可能です。

弾道調整機能を採用しているモデルなら、飛距離を狙いつつ方向性も安定させられます。

【目的別】ピンのおすすめドライバー

ピンには、さまざまな種類のドライバーがあります。ここでは、目的別のおすすめドライバーを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

初心者向けはこちら

女性・シニア向けはこちら

ハードヒッター向けはこちら

スライサー向けはこちら

直進性重視はこちら

低スピンはこちら

初心者向け

ここでは、初心者向けのおすすめドライバーを紹介します。

G425 MAX


出典:ピン

「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」の 低重心で思い切りスイングしてもブレず、飛距離アップが期待 できます。また、弾道調整機能付きなので、ミスしやすい自分の弾道傾向からストレートに飛ばせるなど、方向性も安定させられるドライバーです。

調整機能など上級者向けに感じますが、例えばスライスならドロー側、フックならフェード側、まっすぐならストレート位置と、ウェイトポジションが3つなので、初心者にもわかりやすい親切設計になっています。

飛距離が出る、ミスショットを防ぎやすい、調整機能がわかりやすい、という特徴から初心者ゴルファーでも扱いやすいドライバーです。

メーカー

ピン

クラブ名

G425 MAX

長さ

45.75インチ

重量

301g前後

バランス

D3

ロフト角

9°・10.5°・12°

ライ角

59.5°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

460㎤

 

G410 PLUS


出典:ピン

インパクトでフェースのたわみを生み出すピン独自の技術「フォージドフェース」で、 低スピンの高弾道でブレの少ない弾道を打つことができます 

また、弾道調整機能付きで、自分の弾道傾向からストレートに飛ばせるなど、方向性を安定させられるのも特徴なので、初心者ゴルファーにも扱いやすいのではないでしょうか。

メーカー

ピン

クラブ名

G410 PLUS 

長さ

45.75インチ

重量

293g前後

バランス

D2

ロフト角

9°・10.5°・12°

ライ角

59.5°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

455㎤

 

女性・シニア向け

ここでは、女性・シニア向けのおすすめドライバーを紹介します。

G400 MAX


出典:ピン

新反発素材「FORGED T9S+チタン」、空気抵抗を極限まで抑える「タービュレーター」、振り切っても曲がらない「高性能モーメント」などの性能で、 飛距離を伸ばしつつブレないボールが打てるドライバー です。G400シリーズの中でも、MAXは極限まで慣性モーメント高めたモデルなので、さらにブレの少なさを体感できます。

また、新反発素材FORGED T9S+チタンがフェースのたわみを生み出して飛距離を補うので、女性やシニアの方でも扱いやすいモデルです。

メーカー

ピン

クラブ名

G400 MAX

長さ

46インチ

重量

283g前後

バランス

D5

ロフト角

9°・10.5°

ライ角

59°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

460㎤

 

G LE2

出典:ピン

 「優しく飛ばせる。結果が出る」をコンセプトに設計された、女性専用のドライバー です。クラブヘッドや専用ヘッドカバーも、女性らしい色合いにデザインされています。

打点のばらつきを抑える「FORGEDフェース」、ヘッドスピードを高める「タービュレーター」により、コントロール性能も飛距離性能も高いレベルのドライバーです。また、自分に合わせてロフト角10〜13°で調整できる弾道調整機能もついています。

メーカー

ピン

クラブ名

G LE2

長さ

44.5インチ

重量

259g前後

バランス

B8

ロフト角

11.5°

ライ角

59.5°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

460㎤

 

ハードヒッター向け

ここでは、ハードヒッター向けのおすすめドライバーを紹介します。

G425 LST

出典:ピン

LSTは、 G425シリーズの中でもっとも飛距離を重視して設計されたモデル です。MAXモデルより重心を10%程度フェース側に搭載することで、強い弾道と低スピンを生み出します。また、MAXモデルよりもヘッドをシャープにすることで高いMOI実現し、寛容性のある操作しやすいドライバーに仕上がりました。

スタンダード、ドロー、フェードに対応したポジション可変式ウェイトも搭載されています。

メーカー

ピン

クラブ名

G425 LST

長さ

45.75インチ

重量

306g前後

バランス

D3

ロフト角

9°・10.5°

ライ角

58°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

445㎤

 

 

スライスしづらい

ここでは、スライスしづらいモデルのおすすめドライバーを紹介します。

G425 SFT

出典:ピン
SFTは、 G425シリーズの中でもっとも安定感を重視して設計され、右へのミスを抑えるために開発されたモデル になります。クラブヘッドのヒール側に重心をもたせる「ストレートフライトテクノロジー」なので、ヘッド自体がドロー設計です。タービュレーターやボーテックによる空気抵抗の軽減が弾道に直進性を与え、より安定感を得ることができます。

また、下の動画では「スライスが打ちたくても打てない」と紹介しているので参考にご覧ください。

メーカー

ピン

クラブ名

G425 SFT

長さ

45.75インチ

重量

292g前後

バランス

D0

ロフト角

10.5°

ライ角

59.5°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

460㎤

 

G410 SFT


出典:ピン
SFTは、 G410シリーズの中でもっとも安定感を重視して設計され、右へのミスを抑えるために開発されたモデル になります。G425シリーズ同様に、クラブヘッドのヒール側に重心をもたせる「ストレートフライトテクノロジー」により、ヘッド自体がドロー設計なので、スライスを効率良く抑えるドライバーです。

メーカー

ピン

クラブ名

G410 SFT

長さ

45.75インチ

重量

291g前後

バランス

D0

ロフト角

10.5°

ライ角

59.5°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

455㎤

 

直進性重視

ここでは、直進性を重視したおすすめドライバーを紹介します。

G30


出典:ピン
クラブヘッドのヒール側に重心をもたせる「ストレートフライトテクノロジー」により 捕まりやすく、直進性があるボールを打てるドライバー です。また、タービュレーターによる空気抵抗の軽減が弾道へさらに直進性を与えます。フェース素材の高強度で軽量のT9Sチタンフェースがインパクト時のたわみを生み出し、初速と飛距離をカバーするなど飛距離性能にも優れたモデルです。

メーカー

ピン

クラブ名

G30

長さ

45.75インチ

重量

311g前後

バランス

D1

ロフト角

9°・10.5°

ライ角

59°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

460㎤

 

低スピン

ここでは、低スピンのおすすめドライバーを紹介します。

G400 LST


出典:ピン
LS TECは、「ロースピン テクノロジー」という、その名の通り低スピンに特化したドライバーです。 低スピンにより吹き上がりを抑え、力強い弾道を打つことができます 
同シリーズのスタンダードモデルよりも、フェース側に重心をもたせることで、極限までスピンを抑えてボールの吹き上がりを抑制し、風に負けない強弾道を生み出せます。

メーカー

ピン

クラブ名

G400 LS T

長さ

45.75インチ

重量

305g前後

バランス

D3

ロフト角

8.5°・10°

ライ角

58°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

445㎤

 

G410 LST


出典:ピン
LSTは、「ロースピン テクノロジー」という、その名の通り低スピンに特化したドライバーと言えます。 低スピンにより吹き上がりを抑え、力強い弾道を打つことが可能 です。シャープなヘッドにより、低スピンで強い弾道を生み出します。

メーカー

ピン

クラブ名

G410 LS T 

長さ

45.75インチ

重量

305g前後

バランス

D3

ロフト角

9°・10°

ライ角

58°

ヘッド素材

チタン

ヘッド体積

450㎤

 

ゴルフノート編集部おすすめドライバー

 ゴルフノート編集部では「G410 PLUS」をおすすめします! 

出典:ピン

おすすめドライバーの口コミ

ゴルフノート編集部がおすすめする「G410 PLUS」の口コミを紹介します。

良い口コミ

Twitterの口コミ

悪い口コミ

Twitterの口コミ

悪い口コミは見当たりませんでした。紹介した口コミも、ほかドライバーとの比較、設定を間違えたなど、ドライバーに対しての悪い口コミではありません。

ゴルフノート編集部の評価・コメント

「G410 PLUS」は、飛距離と方向性に優れたバランスの良いモデルと言えます。 振り切っても曲がりづらい設計なので、どんな方にもおすすめできる扱いやすいドライバーです! 

まとめ

ドライバー選びはヘッド形状やロフト角など、さまざまなポイントの考慮が必要です。しかし、種類や特徴も多いため、自分に合うドライバーを探すのは簡単ではありません。

そのため、好きなメーカーに絞ったうえで、自分向けのドライバーを選ぶのもひとつの方法です。

この記事では目的別でピンのドライバーを紹介ました。皆さんのドライバー選びに役立てていただければ幸いです。

クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取