【男性向け】ゴルフ場で着る服装について|行き帰りコーデも写真で紹介

ゴルフ用品・小物

これからゴルフを始めよう、またはゴルフ初心者にとって気になるポイントは「ゴルフ場で着る服装」ではないでしょうか?

練習中に適した服装はもちろん、練習場までの行き帰り。さらには、専用の服が必要なのか、はたまた普段着ではいけないのかと迷ってしまうことが多くありますよね。

そこで本記事では、ゴルフ場での最適な服装について紹介していきます。基本的な選び方からおすすめコーデまで参考にしてみてください。

当サイトおすすめのメンズゴルフウェア通販サイト

クラブ買取

【男性向け】ゴルフ場での服装マナーとは?ドレスコードについて

ゴルフ初心者の方が最初に間違えがちなのが、ゴルフ場での服装マナーです。

「スポーツをするのだから動きやすい格好が一番」と思ってしまいそうですが、 実はそれぞれのゴルフ場にはマナーとしてドレスコードが決められていることがほとんど。 

一緒にコースを回る方はもちろん、周りから浮いてしまわないためにもゴルフ場での服装マナーについて確認しておきましょう。

【男性向け】ゴルフ場での一日で必要な服はこれ!

実際にゴルフを楽しむ際に必要となる服装は、どのようなものになるのでしょうか?また必要となる服装の知識はコースを回るときだけではなく、ゴルフ場への行き帰りにも適用されます。

ここでは一日を通して必要な服装の知識、マナーについて見ていきましょう。

【男性向け】ゴルフ場に行く際の服

まずゴルフ場へ行く際の服装は、 基本的にジャケットを着用します 。ゴルフ場によっては「行き帰りもゴルフウェアで可」とされている場合もありますが、ジャケットを着用していたほうが無難でしょう。

ジャケット以外では 襟付きのシャツ、ポロシャツにチノパンやスラックスなど、ビジネスカジュアルな格好 がドレスコードとなります。また靴も基本は革靴を用い、きれいな格好を目指すとよいでしょう。

反対にマナー違反となるのは過度にカジュアルダウンした服装。ハーフパンツやジャージなどの着用はNGです。また、ジーパンも着用しないよう注意しましょう。

【男性向け】コースを回る時の服

では実際にコースを回る際の服装はどのようなものがよいのでしょうか?紳士としてのスポーツであるだけではなく、虫刺されなどの問題もあるので、必要以上に肌を露出しない格好が基本です。

ただし、必ずしも専用のゴルフウェアが必要なわけではありません。動きやすい素材やスウィングのしやすさを考慮したうえで、選んでいきましょう。

選び方に自信がない場合は、やはり専用のゴルフウェアがおすすめです。普段では着ない大胆な柄や色使いがグリーンに映えるでしょう。また 着用のマナーとして、服の裾をボトムに入れることを忘れないでください。 

【男性向け】帽子に決まりはある?

コースを回る際には、 日差しや雨から自身を守るためにも帽子やサンバイザーは必須アイテムです。またグリーン上での万が一の事故でも、衝撃を緩和してくれる役目が期待できるでしょう。 

したがって服装にあわせた帽子、またはサンバイザーの用意が必須です。

帽子の種類については、常識の範囲内であれば特に規定はありません。使いやすいキャップ、ベレー帽、ハンチングや布製のサンバイザーなどが一般的だといえます。

夏場は麦わら帽子なども涼しげに見えておすすめです。ゴルフウェアはもちろん、帽子やサンバイザーまで含めてコーディネートを楽しみましょう。

【男性向け】帰る際の服やマナーは?

コースを回り終えて後は帰るだけ。帰る際の服装は、基本的に来た際の服装と同じでOKです。

行きと帰りで服装をチェンジするのもおしゃれではありますが、必要以上に荷物が多くなるのは大変ですよね。ですので帰りの服装は、来た時と同じ服装で荷物をできるだけ少なくしましょう。

ただし コースを回ることで、汗をかいたり雨に濡れてしまう場合もあります。このような事態に備えて、下着類の着替えは用意しておきましょう。 服装そのものは同じでかまいませんが、下着類の着替えや汗などのニオイ対策をしておくのもマナーです。

【男性向け】行き帰りの靴とコースでのシューズ

行き帰りの靴はビジネスシューズを基本とした革靴です。実際にはスニーカーを履いている人も見かけますが、服装とのコーディネートを考えれば革靴が無難でしょう。

サンダルやクロックスなど極端にカジュアルなものでなければ、名門コースでない限り指摘されることはほとんどありません。服装やゴルフ場の格式に従って選んでいきましょう。

また昨今のゴルフシューズの選び方は、ソフトスパイクやスパイクレスが主流となっています。 スチールを使用したメタルスパイクは禁止となっているところも多い ので、選ばないように注意してください。

【男性向け】ゴルフ場に行き帰りの服装コーディネート例

ここからは、実際のゴルフ場への行き帰りの服装コーディネートを、季節ごとに分けて紹介していきます。

行き帰りの服装にドレスコードがある理由や、コーディネートのポイントにも触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

行き帰りの服装マナーがあるのはなぜ?

もともとゴルフは、社交として行われていたスポーツであり、今回紹介したジャケットだけではなく、ネクタイの着用も義務づけられたいた時代がありました。

時代とともにドレスコードやマナーも簡略化されてきましたが、社交場が由来であることから、現在でも一定のドレスコードが残っているのです。

特に行き帰りでの服装は、出入りするクラブの格式を表すとも考えられています。だからこそ、ラフすぎる格好など、社交に適さない服装はNGとされているのです。

ただし、 ゴルフ場によっては厳格なドレスコードがあるところ、比較的にあまり厳しい規定を指定していないところなど様々です。まずはゴルフ場に行く前に、ゴルフクラブのホームページなどで確認することをおすすめします。 

【男性向け・春】ゴルフ場に行き帰りの服装コーディネート例

出典:Biz front by MENZ-STYLE

オーソドックスな紺色ジャケットに、清潔感のある白いシャツ。シャツの襟もとにはさりげなくチェック柄があしらわれているので、スタンダードでありながらも個性を主張できるでしょう。

襟そのものもホリゾンタル襟なので、顔周りをすっきり見せることも可能です。

襟元のチェックと合わせるように、ボトムにも大きめチェックを持ってくることで全体的にまとめることができます。春の期間でもまだ少し肌寒い、そんな季節におすすめのコーディネートです。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け・夏】ゴルフ場に行き帰りの服装コーディネート例

出典:Biz front by MENZ-STYLE

こちらもごくオーソドックスでありながら、シャツのブルーストライプが涼しげに映るコーディネートです。

光沢感を覚えるシャツの素材は吸水、速乾性に優れているので夏場のゴルフ通いにもピッタリでしょう。シャツに合わせるスラックスのカラーはチャコールと、ただの黒色とは一線を画すさりげないおしゃれさが素敵です。

さらっと着こなしながらも、細やかなところにこだわった上級者のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け・秋】ゴルフ場に行き帰りの服装コーディネート例

出典:Biz front by MENZ-STYLE

深まる秋にはウィンドペン柄で大人のおしゃれを楽しんではいかがでしょうか。落ち着いたグレーカラーをチョイスすることで、大胆な柄でもコーディネートに困ることはないでしょう。

ボタンダウンのストライプシャツを合わせているので、ボトムはシンプルにグレーカラーのスラックスを。上半身に目線が集まるので、ボトムは自身が持っているものにあわせたいときにも便利に使えるアイテムです。

またジャケットは伸縮する素材でできているので、着心地にも満足できるでしょう。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け・冬】ゴルフ場に行き帰りの服装コーディネート例

出典:Biz front by MENZ-STYLE

中に来ているジャケットは上記で紹介したウィンドペン柄のジャケット。寒さから身を守るためのコートは、シルエットがきれいなものを選ぶことでスタイリッシュさを演出できます。

ジャケットとコートのカラーが重いので、シャツはシンプルな白、ボトムをベージュカラーにすることでバランスよく仕上げましょう。またボトムはシルエットをきれいに見せるストレッチパンツで動きやすさと上品さを両立できるコーディネートです。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け】コースを回る際の服装コーディネート例

ここからはゴルフ場についた後、実際にコースを回るときのおすすめコーディネート例を見ていきましょう。体を動かすスポーツでの服装なだけに、季節による違いが大きくなります。

実際に訪れる季節と合わせて参考にしてください。

【男性向け・春】コースを回る際の服装コーディネート例

日差しが暖かい春のゴルフは、思っているよりも汗をかくことが多くなります。したがって動きやすさも併せて、ハーフパンツにコンプレッションギアの組み合わせがおすすめです。

ボトムはハーフパンツでなくともロングパンツでもおすすめ。気候や温度が不安定な春は、コース用の服を複数用意していてもよいでしょう。

また軽く羽織れる薄手のカーディガンを持って行くなど、実は服の用意が多くなりがちなのが春のゴルフかもしれません。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け・夏】コースを回る際の服装コーディネート例

夏場のゴルフはカジュアル、そして動きやすさを重視したハーフパンツと半そでの組み合わせがおすすめです。

以前はハーフパンツの場合長い靴下を組み合わせていました。しかし現在ではくるぶし丈の靴下でもOKになっているので、より軽やかなコーディネートを楽しめるでしょう。

また暑い日差しを遮るための帽子は、カジュアルコーデと合わせてキャップを合わせてみましょう。もちろん夏場のゴルフでもドレスコードはありますが、まずは熱射病予防対策を考えることも重要です。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け・秋】コースを回る際の服装コーディネート例

屋外の寒さが気になってくる秋口のゴルフでは、ニットを取り入れた重ね着コーディネートがおすすめです。プレー中のドレスコードではトップスの裾はボトムインするものですが、ニットは動きにくくなるのでインナーのみでOKです。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

画像では全体的におとなしい色合いでありながら、ゴルフシューズのオレンジが差し色になっています。大胆なデザインを楽しむことも素敵ですが、さりげないおしゃれさは大人の余裕にも繋がります。

【男性向け・冬】コースを回る際の服装コーディネート例

冬場のゴルフで服を選ぶのなら、温かさを一番に考えるべきでしょう。体が冷えたままの状態でスポーツをすると、思いがけない怪我やアクシデントの原因ともなってしまいます。

したがって、ロングパンツに温かなトップスを取り入れることがおすすめです。アウターの選び方は風を通しにくい素材であれば、ダウンコートやウィンドブレイカーなど何でもよいでしょう。

またトップス自体は保温性が高いものやストレッチ素材であると、動きやすさと暖かさのいいとこどりができます。

メンズゴルフウェアのセレクトショップ:ゴルフ&カジュアル サンタリート

【男性向け】ゴルフ場での服装NG編

では反対に、ゴルフ場でのNGな服装とはどんな服装を指すのでしょうか?実際にいくつか画像を紹介していくので、自身のワードローブの中も確認してみてください。物によってはついつい選んでしまいそうなアイテムもあります。

【男性向け】行き帰りのNGな服装

出典:Biz front by MENZ-STYLE

カジュアルでありながら比較的上品にまとまっています。しかしそれぞれのアイテムがゴルフ場への行き帰りに用いるには、少しマナー違反となってしまいます。

まずシャツが襟付きではないこと。ボトムもセンターライン付ではありますが、素材がラフすぎるのでNGです。着心地の良さを追求することも重要ですが。ゴルフ場への行き帰りでは適さない服装といえます。

またアウターであるマウンテンパーカーも、この組み合わせではカジュアルすぎます。

【男性向け】コースでのNGな服装

コースでのNGな服装として、間違いやすい代表的なアイテムがジーパンでしょう。昨今ではコーディネートの中でも鉄板アイテムですが、そもそもジーンズ素材で作られた服は労働者のための服でした。

したがって社交の場がルーツとなるゴルフ場では、ジーンズ素材はNGとされるのです。またトップスをボトムインしていないことも、NGな服装となります。コース上ではハーフパンツもOKとされますが、あくまでも上品さを忘れないようにしましょう。

ゴルフ場ごとに適切なコーディネートを

ゴルフはスポーツであると同時に、古くは社交の場としても重要視されるものでした。この流れを汲んで、現在でも細やかなドレスコードやマナーが存在します。

昨今ではだいぶ簡略化されてきていますし、ゴルフ場によってはラフな格好でもOKとしているところもあります。しかし、昔からあるマナーにはきちんと意味があるものです。 理由やマナーの内容を把握して、気持ちよくゴルフを楽しんでいきましょう。 

当サイトおすすめのメンズゴルフウェア通販サイト

クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取