ゴルフ場は専用靴がおすすめ!ゴルフ場での靴のマナーや選び方とは?

ゴルフ用品・小物

細やかなマナーがあるゴルフ、初心者の方には戸惑うことも多いでしょう。中でも初めてゴルフ場へ行く際に気になる点が、ゴルフ場で履く靴です。

専用の靴が必要なのか、スニーカーでもよいのかと迷うことも多いと感じます。そこで本記事ではゴルフ場の靴について、基本的なマナーからおすすめ商品まで紹介していくので参考にしてください。

クラブ買取

ゴルフ場での靴のマナーについて

 ここでは練習場ではなく、実際のゴルフ場での靴のマナーについて紹介していきます。 プレー中だけではなく、ゴルフ場への行き帰りにもマナーがあるので、あわせて解説していきます。

ゴルフ場での靴に関する基本的なマナー

ゴルフ場における靴のドレスコードは基本的に革靴か、革靴に準じた靴を履いていれば間違いありません。もともとゴルフ場は紳士淑女が集う社交の場であったので、社交にふさわしい格好が必要になるのです。

 反対にNGとなるのがサンダルやスリッポンなど、ラフすぎる靴。男女関係なくサンダル型の靴はNGとされていることが多いので気を付けましょう。 またゴルフ場に赴く段階からゴルフシューズを履くことも、ゴルフ場によって可否が異なるので確認が必要です。

行き帰りとプレー中の靴

では実際に行き帰り、そしてプレー中はどんな靴を履けばよいのでしょうか?こちらも基本的に行き帰りは革靴、そしてプレー中はゴルフ専用シューズを履くことになります。

ここで問題になるのが、革製の靴であってもスニーカータイプの場合です。ゴルフシューズがスニーカータイプである場合は問題ありません、しかし行き帰りのスニーカータイプは賛否が分かれるもの。

 ドレスコードはゴルフ場によっても異なるので、各ゴルフ場のホームページなどで確認しましょう。 

ゴルフシューズの特徴!普通のシューズとの違い

ここではプレー中に用いるゴルフのシューズと普通のシューズの違いについて確認していきましょう。専用シューズの特徴を把握することで、靴の選び方の基本的なところを把握できます。

スニーカーはNG?その理由とは

 結論から言うと、プレー中のシューズはゴルフシューズでなければいけません。 ゴルフ場におけるドレスコードの問題もありますが、ゴルフそのものを楽しむためにも、足元の機能性は非常に大きなウェイトを占めます。

 一般的なスニーカーでグリーンを回ると滑りやすく、プレーのパフォーマンスだけではなく安全面でもおすすめできません。 実際にゴルフ場でなくとも、草むらでは滑りやすく感じたことがあるのではないでしょうか。

反してゴルフシューズであれば芝生でも滑らないような工夫がされているのです。またプレーに直結する踏ん張りを効かせるためにも、一般的なスニーカーでは物足りません。これらの理由もあり、基本的にプレー中の靴はゴルフシューズが必要になるのです。

ただ、ゴルフシューズにも革靴タイプとスニーカータイプがあります。履き心地や慣れの問題でスニーカーがよいと考えるのなら、スニーカータイプのゴルフシューズを検討してみるとよいでしょう。

ゴルフシューズは大きく分けて「ソフトスパイク」と「スパイクレス」の2種類がある

一昔前までは金属製のスパイクを用いた「メタルスパイク」が、ゴルフシューズの中でも主流でした。しかし芝生を傷めるなどの理由から、現在では多くのゴルフ場がNGとしています。

昨今のゴルフシューズは 「ソフトスパイク」「スパイクレス」 の2種類。それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

ソフトスパイクシューズの特徴

樹脂やプラスチック製のスパイクが使われているゴルフシューズです。 メリットは踏ん張りがきき、滑りにくい点。雨の日のプレーや傾斜でのスイング時に安心感があるでしょう。 反面、靴の重さにスパイクの重さが加わる分重たいというデメリットがあります。

スパイクレスシューズの特徴

名前の通り靴にスパイクが付いておらず、ソール面の凸凹が大きいゴルフシューズです。 見た目はほとんどスニーカーと変わらず、軽く履き心地がよいのに滑りにくくなっています。 デメリットはソフトスパイクに比べると、踏ん張りがききにくい場面があることでしょう。

ゴルフシューズの選び方【重視するポイント】

ゴルフシューズの重要性やドレスコードを確認した後は、実際にシューズを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。足元の安定感はパフォーマンスにも関わるので、しっかり確認して下さい。

ゴルフシューズの選び方①ネットではなくお店で購入しよう

 ゴルフシューズを選ぶ際に大切な点は、ネットではなくお店で購入することです。実際の靴を手に取り、試し履きをすることでフィット感や履き心地を確認できます。 

何よりシューズのサイズは数字だけではなかなかわかりにくいことがあります。特に初心者が初めてシューズを購入する際には、スニーカータイプと革靴タイプでも、同じサイズなのに大きさが違うと感じられることもよくあることです。

また、お店で選べば店員さんに相談することも可能です。特に初心者の内はお店に訪れて、店員さんと相談しながら購入したほうが失敗する確率を減らせるでしょう。

ゴルフシューズの選び方②選び方のポイントを押さえる

履き心地やデザイン以外で抑えておくポイントは、以下の3つです。

ポイント
  • スパイクレスよりソフトスパイク
  • 初心者の内はスニーカータイプがおすすめ
  • 防水機能もチェック

上記で紹介したようにゴルフシューズには、ソフトスパイクとスパイクレスの2種類があります。種類がある場合どちらにしようか迷いがちですが、初心者や初めてゴルフ場に行く場合はソフトスパイクを選んでおきましょう。

 グリーンは想像しているよりも滑りやすいので、慣れるまではしっかりとグリップできるようにスパイク付きの方が安全です。 

シューズのタイプはデザイン的に重厚な革靴よりも、スニーカータイプを選んでおきましょう。プレー中の快適さや足元の重さを軽減するためにも、スニーカータイプの方が無難です。この際、シューズ自体の重さもできるだけ軽いものを選んでおきましょう。

 重いシューズよりも軽いシューズを選ぶことで、疲れにくくなります。またプレー時以外でも通気性がよいスニーカータイプの方が、お手入れに困ることもありません。 

最後に野外で行うゴルフである以上、防水機能も重要なポイントです。プレー中にいきなり雨が降ってくることも珍しいことではありません。

スニーカータイプと同じく、その場の快適性とともにプレー後のお手入れについても頭に入れておきましょう。

ゴルフシューズの選び方③必ず試着する

プレー中にたくさん歩くこと、踏ん張らなければいけないことを考えれば、シューズとの相性は重要なポイント。

したがってゴルフシューズを購入するときは、必ず試し履きをしましょう。 できれば少しだけ歩いてみるとシューズとの相性を確認しやすくなります。つま先の余裕や全体のフィット感を確認してください。 

また試し履きは午前ではなく午後がおすすめです。ヒトの体の中でも足はむくみやすい部位なので、午後に試し履きをすれば、後々履きづらく感じることもないでしょう。

初心者がゴルフシューズを選ぶときに注意すること

「デザインだけで選んでしまう」「試し履きをすることなく購入してしまう」この2つが初心者の間に間違えやすいポイントではないでしょうか。

上記まででも紹介してきましたが、ゴルフシューズはプレー中のパフォーマンスに直結する重要なアイテムです。しっかりと地面を掴むことは、移動時はもちろんスイングの安定感にも繋がるでしょう。

サイズが合っていないシューズを選んでしまえば、シューズの中で足が動いてしまい安定感が損なわれます。またデザインだけで選んだ場合、実際に履いたときに重くて動きづらいことも考えられます。

もちろんデザインもシューズの重要なポイントであることに変わりはありません。しかし機能性もきちんと確認したうえで選ばなければ、せっかくの専用シューズの意味がありません。

また店舗で好みのものがないのでネットで購入したい。このような場合も、似たシューズで試し履きをしてサイズの確認を怠らないようにしましょう。

おすすめゴルフシューズ5選

ゴルフシューズの選び方を把握した後は、実際にどんなシューズがあるのかを確認していきましょう。

おすすめシューズの特徴を確認して、自分に合ったシューズ選びの参考にしてください。

おすすめシューズ①アディダスゴルフ ツアー360 XT-SL ボア 2 ゴルフシューズ

出典:adidas

スパイクレス仕様のゴルフシューズですが、スイング時のみ地面に刺さるTPU XTアウトソールを採用しています。歩行時にスパイクが邪魔にならないのに、地面を掴む力も併せ持つ痒いところに手が届く便利な一足だといえるでしょう。

合成皮革を用い、お手入れの簡便さとスマートなシルエットを実現。ソール全体にアディダス独自のクッション素材(BOOST)が使われているので、履き心地がよく、適度な締め付けでシューズ内での足のブレを押さえてくれます。

おすすめシューズ②フットジョイ ドライジョイズ プロ ボア ゴルフシューズ

出典:Footjoy

横幅のサイズ展開が3種類と豊富になっており、足の長さだけではなく細めの方から幅広の方まで、横幅も自身にピッタリのサイズを選べるシューズです。

ソールには低反発性のクッションを採用したことで、足をしっかりと固定しつつ痛みを感じさせない仕様。非常に高い防水性を備えているので、雨の日のプレーも安心して過ごせるでしょう。タン(シューズの甲の部分)はメッシュ仕様となっているので、包み込むような安定感とともに通気性にも優れています。

おすすめシューズ③キャロウェイゴルフ エアロスポーツボア ゴルフシューズ(メンズ)

出典:Callaway

ゴルフ用品店であるキャロウェイゴルフから、合成皮革を採用した上品でスタイリッシュなシューズ。プロゴルファーの石川選手が履いていたことでも注目を集めている一足です。

余分な凹凸がない滑らかなアッパーは足元をすっきりと見せてくれるでしょう。また柔らかな反発を感じるラバーアウトソールで、スイング時もしっかりと地面を掴んでくれます。歩行時にも邪魔にならないので、ストレスのない履き心地を実現してくれるでしょう。

おすすめシューズ④ルコックゴルフ ヒールダイヤル式ゴルフシューズ(20SS)

出典URL:le coq sportif GOLF (ルコックゴルフ)

かかとのダイヤルでシューズとのフィット感を調整できるゴルフシューズ。ダイヤルを回すだけで調整が可能なので、ラウンド中でも簡単に好みのフィット感を実現できます。

内部の素材には高反発ポリウレタンフォームを採用しているので、全体的に包み込むようなフィット感を感じられます。また高反発ポリウレタンフォームはへたりにくいことも特徴なので、長く愛用したい方にもおすすめできるでしょう。

スパイクは安定感のあるフレア構造で、地面を掴む感覚も覚えられます。

おすすめシューズ⑤アディダスゴルフ コードカオス ゴルフシューズ

出典:adidas

複数の素材を組み合わせることで、疲れにくくソフトに包まれるようなフィット感を覚える一足です。柔らかなニットアッパーは、足の動きに応じて柔軟に対応してくれるでしょう。

ソール部分はソフトスパイクではなくスパイクレスとなっていますが、独特なソールの形状、設置面の広さを生かして高い安定性を実現しています。合成、天然ともに皮革素材を利用していないことで軽量化にも成功。全体的にパフォーマンスの高いシューズだといえます。

自分に合ったお気に入りのゴルフシューズを選ぼう!

ゴルファーにとってクラブと同じように、パフォーマンス向上に必須のアイテムであるゴルフシューズ。初心者のうちは「たかがシューズ」と考えがちですが、自身に合ったシューズと合わないシューズでは楽しさも変わります。

スコアを上げることはもちろん、安全にプレーするためにも、ゴルフシューズにもこだわってみましょう。
クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取