ゴルフグローブ(手袋)の選び方|初心者の人におすすめのゴルフグローブや種類なども紹介

ゴルフ用品・小物

初心者ゴルファーで「ゴルフグローブは必要なの?」と疑問を感じている人はいるのではないでしょうか。また「何を買えばいいのか分からない…」という悩みがある人も少なくないのでは。

ゴルフグローブはクラブやボールなどと同様に、無ければプレーできないくらい重要なものです。

この記事では初心者ゴルファーに向けて、必要性や種類などを説明したうえで、選び方やおすすめのグローブを紹介します。

クラブ買取

ゴルフグローブ(手袋)とは?付ける目的とその役割

 ゴルフグローブは重要なゴルフ道具で、クラブを握った手が滑らないように、そしてグリップ力を高めるために使用します。 

クラブを握る手の平は、ゴルフクラブとの唯一の接点になります。グローブを使用することで、スイングパワーを効率的にボールへ伝えられるのです。

もし、グローブをしなければグリップは滑るため、強く握る必要があります。強く握ると余分な力が入ったり、手元ばかりを気にしてしまったりと、スイングに集中できない要因になるのです。

グリップ力を高める以外にもグローブの役割はあります。

グローブの役割
  • 手の保護
    手の皮が剥けるのを防ぐ、手が荒れるのを防ぐ、マメができるのを防ぐ、防寒対策、日焼け対策、などさまざまな役割があります。
  • 右手を抑制
    ゴルフは右手に力が入ると、左へのミスが起きやすくなります。左手だけグローブを使用することで、グリップ力の差を持たせ右手を抑制する役割もあるのです。

ゴルフグローブ(手袋)の種類

ゴルフグローブの素材には2種類あります。

素材の種類
  • 天然皮革
  • 人工皮革(合成皮革)

それぞれについて、特徴やメリットを紹介します。

ゴルフグローブ(手袋)の種類①天然皮革

天然皮革は、羊の皮であるシープが素材のゴルフグローブです。特にエチオピアシープが使用されたグローブは薄く柔らかいので、 手に馴染みやすく抜群のグリップ力を得られます。   しかし耐水性に問題があり、雨や汗などで濡れたまま放置すると硬くなります。 このように長持ちしないというデメリットもあるため、初心者ゴルファー向きとは言えません。もちろん、水に濡れてもしっかりメンテナンスすれば、長持ちさせることは可能です。

また機能性に優れている分、後述する人工皮革より価格は高く設定されています。

ゴルフグローブ(手袋)の種類②人工皮革(合成皮革)

人工皮革は、メッシュ素材や伸縮性のあるストレッチ素材など、さまざまな素材や加工を利用し使用感を追求しているグローブです。部分的に天然皮革を採用するなど、使用感が天然皮革グローブに迫るような、優れた商品もあります。

グリップやフィット感など、総合的な機能面では天然皮革にかないません。人工皮革の使用感は、薄く馴染む感じではなく、厚みがある滑り止め手袋をしている感覚に近いものです。

しかし、 人工皮革は洗濯など水洗いも可能で、衛生的に長期間使用できます。また、価格も天然皮革より低く設定されているので、初心者ゴルファーにも手を出しやすいグローブでしょう。 

天然皮革と人工皮革のメリット・デメリット
  メリット デメリット
天然皮革
  • 薄く柔らかく手に馴染む
  • 抜群のグリップ力
  • 優れたフィット感
  • 耐久性が低い(メンテが必要)
  • 価格が高い
人工皮革
  • 耐久性がある
  • 価格が安い
  • 水洗い可能で衛生的
  • 加工などで使用感を追求
  • 天然皮革より厚みがある

ゴルフグローブは片手用と両手用がある

ゴルフグローブには、片手用と両手用があります。

ゴルフでは片手用のグローブが一般的ですが、女性は両手用グローブを使用するアマチュアゴルファーが多いのも特徴です。

また、商品として両手用で売り出されているのは、レディース用のグローブばかりです。好みのグローブを両手に使用するには、右手用と左手用を購入する必要があります。

このように、ゴルフメーカーから販売されているグローブも片手用が一般的であるのにも関わらず、両手用グローブを使うメリットはあるのでしょうか?

両手用グローブを使うメリットとおすすめな人
  • 両手を保護できる
    マメや皮剥けなど、さまざまな外的要因から手を守ってくれます。特に女性は気になるところでしょう。
  • 季節や環境に対応できる
    夏ゴルフで片手だけの日焼けを避けたい場合や、寒い季節の防寒対策にも有用です。直射日光やあかぎれ、しもやけなど手荒れの原因にもなるので、肌の弱い女性にとってメリットは大きいのではないでしょうか。
  • 力が弱くてもスイングしやすくなる
    力の弱い人でも両手の一体感を得られるので、グリップ力が上がりスイングしやすくなります。力の弱い女性や、スイングに慣れていない初心者ゴルファーは、両手用グローブがおすすめです。
  • おしゃれなデザインが多い
    両手用グローブはレディース専用がほとんどなので、デザイン性や使い勝手に優れたものが多くあります。

ゴルフグローブ(手袋)の選び方

 ゴルフグローブはジャストサイズがベストです。大きいとクラブと手の間で遊びができてしまうので、購入の際は小さめのサイズから試着しましょう。 

あらかじめ自分のサイズを把握するなら、上記画像のように 「小指付け根から1〜2cm下の環状線の始まりと、人差し指付け根から1cmくらい下の生命線の始まりを通過する手の円周寸法」 を計測します。それが、自分の基準サイズです。

また、指の長さも合わせる必要があります。購入の際は必ず試着してから検討しましょう。

しかし、試着しサイズが合っただけで判断してはいけません。グリップを握った感覚を確かめましょう。違和感のないものを選ぶのがポイントです。

ポイント
  • 自分の基準サイズを測る
  • 指の長さを合わせる
  • 使用感を確かめる

グローブの値段と相場

初心者ゴルファーにおすすめのグローブの価格帯は、 1,000円前後 です。ゴルフ用品量販店オリジナルブランドでは、500円前後で購入できるグローブもあります。

自分にあう種類のグローブを把握するまでは、できるだけ安価のもので十分でしょう。

人気のグローブブランド

【フットジョイ】

出典:フットジョイ
ゴルフグローブのシェアにおいて、世界トップを誇るブランドです。中でも ウェザーソフシリーズは、世界中のゴルファーから愛されています。

 

【アーノルドパーマー】

出典:ヒラヤマスポーツ
傘のマークでお馴染みのアパレルメーカーです。デザイン性の優れたグローブを販売し、女性ゴルファーから高い評価を受けています。

 

【キャスコ】

出典:キャスコ
カラーボールが一躍ヒットした女性に人気のブランドです。デザイン性も高いですが、利便性にも優れたグローブを展開しています。

 

【キャロウェイ】

出典:キャロウェイ
アパレルにも力を入れているゴルフ用品の総合ブランドです。おしゃれでデザイン性が高いグローブからコスパの良いグローブまで、幅広い層のゴルファーに向けて展開しています。

女性におすすめのグローブ3選

ここでは、女性におすすめするゴルフグローブ3選を紹介します。

女性におすすめのグローブ①アーノルドパーマー APGV-002Lネイル

出典:アマゾン

APGV-002Lネイル

メーカー

アーノルドパーマー

素材

人工皮革、シリコン

サイズ展開

S(17〜18cm)・M(19〜20cm)

片手or両手

片手用、両手用

特徴

ネイルフリー

APGV-002Lネイルは、ネイルを楽しむ女性のため、指先部分がカットされた両手用のゴルフグローブです。ゴルフグローブは爪の形状によりますが、簡単に脱着はできません。しかし両手用なので、日焼けを気にしてショットごとに外す必要がないのも、おすすめポイントです。

女性におすすめのグローブ②キャスコ Paletteレディース

出典:アマゾン

Paletteレディース

メーカー

キャスコ

素材

日本製合成皮革(LEVO TEX-NS-、パーミアG8)

サイズ展開

S(17〜18cm)・M(19〜20cm)

片手or両手

片手用、両手用

特徴

10種類のカラー展開

カラーバリエーションが豊富なPaletteレディースは、ウェアに色を合わせるなど楽しみながら選べる女性専用のグローブです。また、機能面も手の平側にグリップ力を高める素材を配置し、力の弱い女性でも扱いやすくなっています。

女性におすすめのグローブ③フットジョイ レディEコンフォート

出典:フットジョイ

レディEコンフォート

メーカー

フットジョイ

素材

合成皮革(平・甲部分)

サイズ展開

18〜21cm

片手or両手

片手用、両手用

特徴

高性能のファッショングローブ

シンプルデザインにワンポイントのチェック柄など、さまざまなウェアに合わせやすいファッション性の高いグローブです。機能面もフットジョイらしく、通気性やグリップ力などしっかりと考慮されています。

男性におすすめのグローブ3選

ここからは、男性におすすめするゴルフグローブ3選を紹介します。

男性におすすめのグローブ①キャロウェイ ウォーバード グローブ

出典:キャロウェイ

ウォーバード グローブ

メーカー

キャロウェイ

素材

手の平:合成皮革、甲:合成皮革・羊革

サイズ展開

21〜26cm

片手or両手

片手用

特徴

全天候型モデル

全天候型のゴルフグローブです。部分的に甲側へ羊革を配置し、ソフトな使用感を与えています。価格帯も初心者ゴルファーにとって、手が出しやすい設定となっています。

男性におすすめのグローブ②フットジョイ GTエクストリーム

出典:フットジョイ

ウォーバード グローブ

メーカー

フットジョイ

素材

合成皮革+天然羊革

サイズ展開

21〜26cm

片手or両手

片手用

特徴

フットジョイ独自のシームレス接合で違和感ない使い心地

甲側へストレッチ性に優れたパワーネットメッシュを*シームレス接合することで、違和感のないフィット感と快適性を高めているグローブです。

※シームレス接合とは…接合面が見た目にはわからないこと

男性におすすめのグローブ③フットジョイ ウェザーソフ

出典:フットジョイ

ウェザーソフ

メーカー

フットジョイ

素材

合成皮革+天然皮革

サイズ展開

21〜26cm

片手or両手

片手用

特徴

フットジョイ定番モデル

世界でもっとも利用されている、フットジョイ定番ゴルフグローブです。ホワイトカラーは指先が短いタイプもあるので、幅広い層のゴルファーが選びやすいことも愛用される理由ではないでしょうか。機能面も、微細な動きにもフィットする3Dコンフォータブや、パワーネットメッシュで快適性を高めています。

ゴルフグローブは重要!自分に合ったグローブでゴルフデビューしよう!

ゴルフグローブはクラブやボールと同様に、必ず準備すべきゴルフ道具です。

初心者ゴルファーがゴルフグローブを選ぶ際にもっとも重視すべきポイントはサイズ感、好みのデザインや価格帯を考慮したうえで、自分の手にピッタリ合うグローブを選びましょう。

もしゴルフグローブ選びに迷ったら、この記事を参考にして、グローブを選んでいただければ幸いです。
クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取