これを読めば一目でわかる!初心者が知りたいゴルフ用品についてのQ&A

ゴルフ用品・小物

ゴルフ用品について「何を準備すべきかわからない」「何があれば便利なのか知りたい」など、これからゴルフを始める初心者の人にとっては悩みどころです。

ゴルフでは、クラブやボールなどプレーのときに使う用品以外にもさまざまな便利グッズがあり、それらを揃えていくのもひとつの楽しみになります。

この記事では、初心者ゴルファーに向け、ゴルフを一層快適にプレーするためのゴルフ用品について説明するので参考にしてください。

クラブ買取

ゴルフクラブについて

ゴルフをプレーする際に必ず必要となるのがゴルフクラブです。何本必要?借りてもいいの?など、疑問もあることでしょう。

ここでは、必要なゴルフクラブや本数などについて説明します。

ゴルフクラブは何本持っていくべき?

ゴルフクラブは最大14本を持ってラウンドできます。しかし、初心者ゴルファーの初ラウンドでは数人からクラブを譲り受けてプレーすることも珍しくはありません。

必須となるクラブは、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターです。それぞれの最低必要本数と役割は以下を参考にしてください。

 

必要な本数

役割

ドライバー

1

おもにミドルやロングホールのティーショットに使用。

もっとも長くて軽く、そして飛距離が出るのが特徴。

ティーショット:各ホールの1打目

アイアン

6

おもにミドルやロングホールの2打目以降、
ショートホールや狭いホールのティーショットに使用。

狙いたい場所にコントロールするためのクラブ。

セットは、5IPWが一般的な組み合わせ。

ウェッジ

1

おもにアプローチやバンカーで使用。

グリーン周りで使うのが一般的。とりあえずSWだけは必要。

アプローチ:グリーンの周でボールをカップに寄せる短距離ショット

パター

1

グリーン上でカップに向けボールを転がすクラブ。

このように、最低9本のクラブがあればラウンドできます。

一度ラウンドを経験し、それから自分好みのクラブ14本を揃えるのもひとつの方法です。

関連記事:【初心者必見】ゴルフクラブの種類は?各クラブの用途と特徴を紹介
関連記事:最低限これさえあればOK!ゴルフクラブの選び方と初心者におすすめのクラブセット

2人で1つのゴルフクラブを使用しても大丈夫?

ラウンド中、他のプレーヤーからクラブを借りるのはルール違反です。また、マナー違反ともいえます。
 ※ルール違反:1ホールにつき2罰打、最高1ラウンドで4罰打  

いくら仲が良くても、自分のクラブをラウンド中に他人へ貸すことには抵抗を感じるものです。初心者だから仕方がないとは考えず、必ず自分で準備しましょう。

また、ゴルファーはクラブに愛着を持っています。練習場であってもスイングが定まっていない初心者ゴルファーにクラブ貸したくないと考えるのが一般的です。

ゴルフクラブの買い換えどきはいつ?

ある程度ラウンド数をこなしていけば、打ちたい距離や得意なクラブなどがわかってきます。まずは、補いたい距離が打てるクラブを買い足していきましょう。

 14本クラブを揃えて自分に合わないクラブがあるなら、買い替えの検討をおすすめします。 その際は、必ずショップやメーカーで試打、相談してから購入しましょう。

服装について

ゴルフでは、クラブハウスやプレー中の服装にもマナーが必要になるケースがあります。ここでは、ゴルフ場での服装について紹介しましょう。

関連記事:ゴルフ練習場での服装は?服装の注意点と男女別のコーディネートを紹介します!

ジャケットは必須?

ゴルフ場のクラブハウスでは、基本的にジャケット、襟付きのシャツ、革靴、などの着用が好ましいとされています。

クラブハウスでの服装

【男性】ジャケットやブレザー、スラックス、襟付きシャツ、革靴

【女性】ジャケットやブレザー、スカートやパンツ、襟付きシャツ、ヒール

昨今では、一般的なゴルフ場で上記のような服装を見かけることはほとんどありません。しかし、一部の名門コースでは、ジャケットの着用や襟付きシャツをズボンにインさせるなど、クラブハウス内の服装に規定があります。

 初めてゴルフ場へ行く際は、一緒にラウンドする人にどのような服装で行くのか事前確認しましょう。 その人に合わせれば、ほとんど問題になることはありません。

しかし、ゴルフを長く続けていくと会社のコンペなどでジャケットを着用するシーンが必ず訪れます。そのため、ゴルフ用で一式準備しておくと便利です。

ゴルフウェアは襟なしでも良いの?

ゴルフウェアは襟なしでも問題ありません。しかし、襟付きでなければいけないという基本的な考えは根付いています。ゴルフ場によって違うので、事前に確認するようにしましょう。

一般的には、ポロシャツを着ていれば問題ありません。ゴルフショップで売っている襟がないウェアでも、ほとんどのゴルフ場で違和感なくプレーできます。

しかし、会社の上司などベテランゴルファーの中には、襟なしの服装でプレーすることを良しとしない人も少なくありません。そのため、 初心者としてラウンドするなら、ポロシャツなど襟付きウェアが無難です。 

また、夏ゴルフでショートパンツにショートソックスが主流になっていますが、ひと昔前まではショートパンツにはハイソックスでなければNGというゴルフコースも多くありました。

このように、 同伴者やゴルフコースによっても違うので注意しましょう。 

冬でも帽子は必要?

帽子は安全面で考えると年中必要なものです。

 ゴルフ場ではどこからボールが飛んでくるかわかりません。帽子によって、衝撃を和らげられます。夏には日除けや熱中症予防、冬には防寒対策になるなど、帽子にはさまざまな安全面での役割があるのです。 

また、ルール上帽子の着用が義務付けられてはいませんが、 ラウンド中の帽子はマナーとして考えられてるケースもあります。 そのため、ツバを後ろ向きにしたり横向きにかぶったりするのはマナー違反です。帽子の着用を規定に入れているゴルフ場もあるので、帽子は必ずひとつは準備しましょう。

一般的な帽子は野球帽タイプです。

季節によって夏はサンバイザー、冬はニット帽など環境に合わせて使い分けるのがおすすめです。

練習場・ゴルフ場で着替えはできるの?

特に夏ゴルフではシャツの色が変わるくらい多くの汗をかきます。汗まみれのシャツを着続けるのは気持ちが悪いですし、何より周りの目も気になるものです。

ラウンド途中での着替えは問題ありません。しかし、もちろんコース上で着替えるのはマナー違反なので、ハーフ終了時にロッカーで着替えるようにしましょう。

そして、 ラウンド終了後に着替えるシャツやソックス、下着類なども忘れずに持参するのもポイントです。 ラウンド後着替えなければ汗まみれのシャツで帰りの車のシートが汚れてしまいます。他人の車に乗せてもらっているなら、尚さら着替えるのがマナーです。

また、同様に練習場でも汗をかいて着替えたくなることもあります。こちらでも、人前で着替えることはせず、車に戻るかロッカー付きの練習場なら利用するなどして着替えましょう。

持ち物について

ここでは、ゴルフのラウンドへ持っていくと便利なものを紹介します。

練習場やゴルフ場での水分補給について

日陰がほとんど無いゴルフコースでは、熱中症対策として水分補給が重要です。

熱中症を防ぐには水分だけではなく塩分も必要になるため、ペットボトルの凍らせたスポーツドリンクが便利だと考える初心者ゴルファーも少なくありません。しかし、真夏のゴルフでは凍らせていても、瞬く間にぬるくなってしまいます。

ぬるいスポーツドリンクは、いくら喉が渇いていても飲みたいとは思えません。また、一般的な500mlのペットボトルでは、ハーフも保たないので何本も持ち込むことになります。

 そのため真夏のラウンドでは、保冷や断熱効果がある水筒の持参をおすすめします。 サイズも1.0〜2.0Lくらいの商品が多く、水筒1本で十分ハーフを周れるのでかなり便利なアイテムです。

【タイガー魔法瓶 ステンレスボトル】

出典:タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶 ステンレスボトル

メーカー

タイガー魔法瓶

種類

ステンレスボトル

容量

1.0L、1.2L、1.5L

高さ

1.0L:24.1cm、1.2L:26.9cm、1.5L:33.6cm

重さ

1.0L:0.50kg、1.2L:0.57kg、1.5L:0.67kg

口径

7cm

カラー展開

ブルー、ブラック、ネイビー

特徴

・保冷効果

・口径が大きいので洗いやすい。大きい氷が入る

・ワンタッチで開閉

・軽量なのに衝撃に強い

ステンレス製、保冷機能付きの水筒です。口径が約7cmあるので、大きめの氷も入ります。また、ワンタッチの蓋が開けられるのでラウンド中に最適です。衝撃に強いので、カートの揺れにも安心できます。

 

【ステンレスクールボトル TUFF】

出典:象印マホービン

ステンレスクールボトル TUFF

メーカー

タイガー魔法瓶

種類

ステンレスボトル

容量

1.0L、1.5L

高さ

1.0L:28cm、1.5L:32.5cm

重さ

1.0L:0.36kg、1.5L:0.5kg

口径

1.0L:4.5cm、1.5L:5.0cm

カラー展開

グレー、ブルー、ピンク、ネイビー

特徴

・保冷効果

・結露、飛び散り防止

・ワンタッチで開閉

・塩分に強い

ステンレス製、保冷機能付きの水筒です。ワンタッチ開閉なので飲みやすく、結露防止や飛び散り防止などの機能面も充実しています。また、2倍フッ素コートでスポーツドリンクなどの塩分に強いのも特徴です。

 

【真空断熱スポーツジャグ/FFV-2000】


出典:サーモス

真空断熱スポーツジャグ/FFV-2000

メーカー

サーモス

種類

ステンレスボトル

容量

2.0L

高さ

30cm

重さ

0.9kg

口径

7.5cm

カラー展開

レッド、グレー、ブルー

特徴

・保冷、断熱効果

・口径が大きいので洗いやすい。大きい氷が入る

・ワンタッチで開閉

・2.0Lの大容量

ステンレス製、保冷、断熱機能付きの水筒です。2.0Lなので暑い日のゴルフでも安心できます。口径7.5cmで大きめの氷が入るため、常に冷たい状態で飲むことが可能です。

練習場やゴルフ場に手作り弁当やお店で購入したお弁当の持参はOK?

 ゴルフ場に弁当を持参しても食べる場所はありません。ゴルフ場のクラブハウスにはレストランがあり、そこでハーフ終了後やラウンド後などに昼食を食べるのが一般的です。 

しかし、ラウンド中にお腹が空いてしまうこともあり、ホール間の移動や待ち時間に、軽食を食べるゴルファーも少なくありません。軽食は、おにぎりやバナナ、ドリンクゼリーやお菓子類など、すぐに食べられるものが好まれています。 食べやすい、時間がかからない、手が汚れないものなどを準備しておくと便利です。 

また、練習場にもレストランを併設していることころもありますが、 どちらにしても弁当を食べる場所はありません。 弁当を食べるなら、車へ戻って食べましょう。

急に雨が降ってきた傘やレインコートは?

ゴルフを始めるなら、レインウェアの準備は必須です。ゴルフは雷や強風、豪雨などを除いた普通の雨で中止になることはありません。そのため、レインウェアは常にキャディバッグに入れておきましょう。

急に雨が降って濡れた場合は「濡れちゃったから着たくない」と、濡れたウェアの上へレインウェアを着用することに抵抗があるゴルファーもいます。 しかし、ズブ濡れでクラブハウスに入るのはマナー違反なので、雨が降ったらレインウェアを身につけるのはマナーです。また、レインウェアのままクラブハウスに入るのもマナー違反なので注意しましょう。 

雨の日の傘については、ほとんどのゴルフ場で準備しているので、雨が降りそうな日はカートに常備されているのが一般的です。しかし、傘だけでは防ぎきれないので、レインウェアは必ず準備しましょう。

日差しが気になるので日傘を持っていきたい

「日傘は女性ゴルファーが使うもの」という認識がありましたが、最近では男性ゴルファーが利用するシーンも見かけるようになりました。

日傘は紫外線を防ぐ目的なので、一般的な傘よりも大きいのが特徴です。大きさは、親骨の長さや開いた際の直径で表すことが多く、例えば親骨80cm、直径128cm、などサイズがあります。自分が使いやすいものを選びましょう。

【アディダス UVアンブレラ】

出典:Yahooショッピング

アディダス UVアンブレラ

メーカー

アディダス

サイズ

親骨:79cm、直径:137cm

重さ

660g

生地

ポリエステル

カラー展開

ネイビー×ブラック、イエロー×ブラック

UVカット性能有り。風にも強いのでゴルフのラウンドには最適です。また、ワンタッチオープンなので、扱いやすくなっています。

 

【ヨネックス ワンタッチオープン式パラソル】

出典:楽天市場

ヨネックス ワンタッチオープン式パラソル

メーカー

ヨネックス

サイズ

親骨:70cm、直径:118cm

重さ

542g

生地

ポリエステル

カラー展開

ブラック×ブルー、ネイビー×ブルー、シルバー

紫外線カット性能有り。542gと軽量タイプなので、ラウンド中でも扱いやすい傘です。また、ワンタッチオープンなので、クラブを持ちながら片手で簡単に開けます。

 

【ミズノ ゴルフ用銀パラソル】

出典:楽天市場

ミズノ ゴルフ用銀パラソル

メーカー

ミズノ

サイズ

親骨:65cm

重さ

280g

生地

ポリエステル

カラー展開

シルバー

紫外線カット性能有り。シンプルデザインで幅広い層のゴルファーに扱いやすい傘です。また、280gとかなり軽量されているので、ラウンド中も腕への負担を防げます。

お風呂のアメニティについて|タオルは持っていくべき?

ゴルフ場では、ラウンド後にお風呂で疲れを癒やすこともできます。もちろん、無料で利用可能です。

フェイスタオル、バスタオルは準備されているので持っていく必要はありません。また、シャンプーやリンスなどのアメニティも完備されているので、準備するのは着替えだけです。

ゴルフグッズについて

ここでは、ゴルフグッズについてのQ&Aを紹介します。

ゴルフグッズはネットで購入するべき?それともお店に行く?

サイズを測ったり、試したりする必要があるものは、お店で買うことをおすすめします。何度か買い替えているうちに自分のサイズを把握できるので、それからネットで購入するようにしましょう。

 例えば、ゴルフクラブ、シューズ、グローブ、ウェアなどは、お店で試してから購入する必要があります。 

2万円の予算があれば、まずは何を揃えるべきですか?

クラブとウェアは準備していることを前提にすると、 ゴルフボール、シューズ、グローブ、ティー、マーカー、グリーンフォーク は、ラウンドするうえで必要となるグッズです。

初心者向けでは、ゴルフボール1,500円程度、ゴルフシューズで1万円以下、グローブ1,000円前後、ティーやマーカー、グリーンフォークなどの小物一式で3,000〜5,000円くらいでしょう。ボールは多めに準備する必要があるので、倍くらいの金額がかかるかもしれません。

 それ以外は一度ラウンドを経験してから、練習道具や便利グッズなど欲しいものを揃えていくことをおすすめします。 

ゴルフグッズを買い取ってくれるところはありますか?

ゴルフクラブについては、新しいクラブを買う際の下取りサービスが一般的です。また、クラブやキャディバッグ、ウェアやシューズ、ベルトやサングラスなどは、ブランドや状態によりますが買い取ってもらえるリサイクルショップもあります。

その他グッズに関しては、ほとんど買い取ってもらえないと考えておくべきです。

便利なゴルフグッズを揃えてラウンドを快適に楽しもう!

ラウンドを快適にしてくれるさまざまなゴルフ用品が販売されています。 ゴルフを続けるにおいて、こうしたゴルフ用品を揃えていくのも楽しみのひとつです。 

もちろん初心者ゴルファーでは、何度かラウンドを繰り返さないと「何が必要なのか、わからならい」ということもあるでしょう。

その際は少しでも快適にラウンドできるように、この記事を参考にしていただければ幸いです。

クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取