【初心者必見】ゴルフクラブの種類は?各クラブの用途と特徴を紹介

ゴルフ用品・小物

ゴルフクラブには、 ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター などさまざまな種類があります。クラブによって飛距離や正確さ、弾道などが異なり、用途も異なります。

ゴルフをプレーするにあたりゴルフクラブは 最大で14本 持つことができ、様々な場面に対応できるように各種クラブを揃えることが必要です。

それぞれのクラブの用途と特徴を理解して、ゴルフデビューをしましょう。

クラブ買取

ゴルフクラブについて

ゴルフクラブにはさまざまな種類や用途があります。そのため、特にゴルフ初心者の人は、どのようなゴルフクラブを選んだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、プレー中に持てるゴルフクラブの数や種類を紹介していきます。特徴を知って、場面に応じてクラブを使い分けられるようになりましょう。

ゴルフクラブは3つのパーツでできている

ゴルフクラブは ヘッド、グリップ、シャフトの3つのパーツ が組み合わさって作られています。

 

  • ヘッド…直接ボールに当たる部分です。スイングした時に生み出したエネルギーをボールに伝えるパーツです。 選ぶヘッドによって弾道に影響が出るところでもあります。 
  • グリップ…ゴルフクラブを手で握る部分です。ゴルファーが、スイングした時に生み出すエネルギーをクラブに伝える役目を持ち、なおかつ操作性にも影響します。

  • シャフト…グリップからヘッドまでの柄の部分です。スイング時にこのシャフトのしなりによってパワーが生み出され、弾道や飛距離を生み出します。また、弾道や飛距離だけでなく、タイミングの取りやすさにも影響するパーツです。

【その他クラブ回りの名称について】

  • フェース
    ヘッドのボールにコンタクトする面を示す。

  • ロフト角
    ボールにコンタクトする際の地面とフェースの角度を示す。

  • ライ角
    水平な地面とシャフトの中心線が作り出す角度を示す。

また、 これらゴルフクラブの3つのパーツは、カスタマイズすることも可能です。 

ヘッド、グリップ、シャフトの組み合わせをカスタマイズして、より使いやすいゴルフクラブを使いましょう。

持てる本数は最大14本

プロゴルファーの試合などで、キャディーさんがついて回り、プロゴルファーがさまざまなゴルフクラブを選んでいるのを見たことあると思います。

ゴルフでプレーする際に使用できるゴルフクラブは、最大で14本になります。

この数はあくまでも持ちこめる最大のゴルフクラブの数となっています。プレー中は 10本でも11本でも、14本以内であれば何本でも問題ありません。 そのため、無理して最初から14本全て揃える必要はありません。

競技の場合、15本以上のクラブを持ち込むと失格となりますので、ご注意ください。

状況によりゴルフクラブの種類を変える

  プレー中に様々な場面に応じてゴルフクラブの種類を変えます。

そして、ゴルフクラブの種類にはウッド、アイアン、サンドウェッジ、パターなど、多くの種類のクラブがあります。クラブの詳しい特徴などは、後述します。

1打目は、できるだけ遠くにボールを飛ばせるウッド(主にドライバー)を使用するとよいでしょう。

2打目以降は、1打目のショットで落下したボールの場所に応じて、適切なゴルフクラブを選びましょう。

このように、場面に応じてクラブを選択することもゴルフスキルのひとつなのです。

ゴルフクラブには男性用、女性用、シニア用、子供用がある

ゴルフクラブには、男性向けゴルフクラブ・女性向けゴルフクラブ・シニア向けゴルフクラブ・子ども用ゴルフクラブが存在します。

それぞれのゴルフクラブの特徴の違いは以下のとおりです。

男性向けゴルフクラブ

  • クラブが重くて長め
  • シャフトが硬め

女性向けゴルフクラブ

  • シャフトが短く、軽くて持ちやすい
  • シャフトが柔らかい
  • 男性用クラブに比べてグリップが細い

シニア向けゴルフクラブ

  • クラブ重量が軽い
  • クラブが長い

子ども向けゴルフクラブ

  • シャフトが短くて軽い
  • シャフトが柔らかい
自分自身の性別や年齢、身長などに合ったゴルフクラブ選びが大切です。

どんな種類のクラブがあるの?用途は?

ゴルフクラブには大きく分けて以下のようなクラブがあります。それぞれのクラブの特徴や用途シーンなどをセットで覚えておきましょう。

▼ゴルフクラブの種類

クラブ

特徴

ドライバー

飛距離を出したい時に使用するクラブです。

フェアウェイウッド

ドライバーに次いで距離を稼ぎたいときに使用するクラブです。

ユーティリティ


出典:Amazon

ショットのコントロールがしやすく中距離ショットに最適なクラブです。

アイアン

主にグリーンを狙うときに使用するクラブです。

ウェッジ

バンカーやアプローチショットのときに使用するクラブです。

パター

グリーン上でカップインを狙うときに使用するクラブです。

ゴルフクラブの種類により飛距離が異なる

ゴルフクラブの種類によって、ボールが飛ぶ距離(飛距離)も異なります。大まかではありますが、クラブの種類ごとの飛距離は以下のようになります。

▼クラブの種類と飛距離

クラブ種類

ドライバー

フェアウェイウッド

ユーティリティ

アイアン

ウェッジ

飛距離

240ヤード

200ヤード

180ヤード

100~180ヤード

~100ヤード

※一般男性の平均飛距離の参考値となります。

グリーンまでの距離を考えながら、各種クラブがどの程度の飛距離があるのかを理解してクラブを選びましょう。

それぞれのクラブについて、ゴルフ初心者の人が選ぶ際の注意点やコツをまじえながら、さらに詳しく説明していきます。

ゴルフクラブの種類①ドライバー

ドライバーは、1番飛距離を出せるクラブです。

「ティーイングエリア」と呼ばれるコースの1打目を打つエリアでティーにボールを置いて1打目を打つのに使用するクラブです。

推定飛距離は約240ヤードほどで、芯でヒットすれば、グリーンまでの距離を稼ぐことができます。

また、さまざまなクラブの中で一番シャフトが長く作られています。そのため、初心者の人にとって、コントロールが難しくなかなかミートができません。

 ドライバーを使用する際は、上から打ち込むというよりは、横から払うイメージで打つことでミートがしやすくなるでしょう。 

ゴルフクラブの種類②フェアウェイウッド

フェアウェイウッド(略称:ウッド)は、ドライバーに次いで、しっかりと飛距離を出せるクラブです。長い距離が残った2打目に使用されることが多いです。

簡単にボールが上がり飛ばしやすいクラブですが、初心者の人はボールを安定させるまでに少し時間がかかるかもしれません。

また、 ウッドは番手の違いにより「ロフト角」「長さ」「重量」がそれぞれ異なり、その違いにより「飛距離」「コントロール」「打ちやすさ」が異なります。 フェアウェイウッドは以下のような種類に分類されます。

▼フェアウェイウッドの種類と特徴

☆ブラッシー(2番ウッド)【ロフト角=13.5°】
マイナーで、一般的にはあまり使われていないようです。

☆スプーン(3番ウッド)【ロフト角=15.0°】
メジャーなクラブで、ゴルフセットを買うと、一緒に入っていることが多いです。
ティーショットにもよく使われるクラブで、安定性が低く初心者には難易度がやや高めのクラブです。

☆バッフィー(4番ウッド)【ロフト角=17.5°】
スプーンと比べコントロールしやすいクラブになります。最近ではユーティリティクラブが出てきたことで、使用する人は少なくなりました。

☆クリーク(5番ウッド)【ロフト角=19.0°】
3番ウッドと同じく、メジャーなクラブです。5番ウッドはクリークと呼ばれ、飛距離が出ます。比較的打ちやすく、初心者の人におすすめです。

*ロフト角は一般的な数値を表示

初心者の人には、5番ウッドのクリークがおすすめです。もしもクリークが使いづらい場合は自身にあったフェアウェイウッドを見つけましょう。

ゴルフクラブの種類③ユーティリティ


出典:Amazon

ユーティリティは、フェアウェイや短いラフで使用されます。

以前は、グリーンまでの距離が180ヤードの場合、ロングアイアンを使用する選手が多くいました。

ですが、ロングアイアンではボールにミートがしづらいため、よりミートしやすい形状にしたものがユーティリティになります。

 特にゴルフ初心者の人にとっては、ロングアイアンは使用が難しいため、ユーティリティを使用することをおすすめします。 

ゴルフクラブの種類④アイアン

アイアンは、コントロールがしやすく、主にグリーンを狙うクラブです。

狙った場所に的確にショットを打てるようになるには、アイアンの正確なスイングを身につけることが重要となります。

初心者の人でアイアンをより上手に使用するためには、まずはスイングの基本を身につけましょう。

▼アイアンを使用した正しいスイングを獲得する手順

【動画】

  1. 動画を見ながらスイングのイメージを作る。
  2. まずは、膝から膝のラインでスイングをする。
  3. 腰から腰のラインでスイングをする。
  4. 肩から肩のラインでスイングをする。
  5. トップからフィニッシュまでスイングをする。
このように、段階を踏んでスイングの基本をマスターしていくことで、正しいスイングの仕方が身につきます。

アイアンの番手は1I(1番アイアン)から9I(9番アイアン)までありますが、1番、2番、3番アイアンは最近ではあまり使用されていません。それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

▼アイアンの種類と飛距離

 

ロングアイアン

ミドルアイアン

ショートアイアン

番手

1I~4I

5I~7I

8I~9I

飛距離

180~210ヤード

140~180ヤード

120~140ヤード

※一般男性の平均飛距離となります。

ゴルフクラブの種類⑤ウェッジ

ウェッジは、的確にカップへアプローチする際に使用されるクラブです。

 短い距離での打ちやすさが特徴的で、目標を正確に狙うことができます。そのため、バンカーからのショットやアプローチショットの際に、必須のクラブになります 

また、ウェッジは3つの種類があり、「ピッチングウェッジ(PW)」「アプローチウェッジ(AW)」「サンドウェッジ(SW)」に分けられます。

▼ウェッジの種類と特徴

クラブ

ロフト角

飛距離

ピッチングウェッジ(PW)

FOURTEEN(フォーティーン)
FH Forged V1
ウェッジ メッキ NS950HT スチールシャフト

出典:Amazon

44~48°(小さい)

100~120ヤード

アプローチウェッジ(AW)

WORLD EAGLE(ワールドイーグル)
WG315
ウェッジ ガンメタ 仕上げ 右用

出典:Amazon

49~53°(普通)

80~100ヤード

サンドウェッジ(SW)

ールドイーグル
WG716
サンドウェッジ 60° サテン 仕上げ 右用 WE-WE716-SA60

56~58°(大きい)

10~80ヤード

※一般男性の平均飛距離となります。

●ピッチングウェッジ(PW)…低い弾道でアプローチをする際に使用します。

アプローチウェッジ(AW)…ピッチングウェッジ(PW)とサンドウェッジ(SW)の間のロフト角で、転がしたり、上げたりするのにバランスが取れたウェッジです。

●サンドウェッジ(SW)…ボールを高く上げてアプローチしたいときに使用されます。
*バンカーからのショットにも使用されるクラブです。

ウェッジのロフト角によって、ショットした時のボールの弾道が変わるのが特徴です。状況に応じて、ウェッジを使い分けましょう。

※ロフト角とは?…ボールにコンタクトする際の地面とフェースの角度を示す。

ゴルフクラブの種類⑥パター

パターは、グリーン上でカップインさせるために必要なクラブです。

また、パター用のクラブには 「ピン型・マレット型・ネオマレット型」 の3つのヘッドの形状があります。

  • パターの形状①ピン型
    ヘッドが長方形でボールにミートしやすく、狙った方向に打ち出しやすいのが特徴です。

  • パターの形状②マレット型
    マレット型はヘッドが大きいため少しぐらい芯を外したとしても左右にぶれにくく直線的に打ちやすいのが利点です。

  • パターの形状③ネオマレット型
    大型のマレットを総称してネオマレット型と呼ばれています。ネオマレット型は狙ったところにしっかりと打ち出せるのが特徴的です。

どの形状のヘッドを使うかは、「自身がどのパッドが使いやすいか」によります。ただ、 一般的に初心者におすすめとされるタイプは、ミートがしやすいネオマレット型 といわれています。

ゴルフクラブの用途と特徴を理解して適切なゴルフクラブの選択を!

今回は、ゴルフクラブの種類や用途、その特徴に着目して紹介してきました。

 ゴルフ初心者の人にとっては、まずはどのようなゴルフクラブがあり、どのような場面でそのクラブを使用するのか理解することから始まります。 

多々あるゴルフクラブの中から自分にぴったりなクラブを一本一本選んでいくこともゴルフの醍醐味でもあり、面白さでもあります。

まずは自身にとって最適なクラブを選んで、練習を積み重ねていきましょう!

クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取