ゴルフ用レーザー距離測定器はどれがいい?失敗しない選び方やおすすめ20選を紹介!

ゴルフ用品・小物

ゴルフ用レーザー距離測定器を使うとスコアを向上できる期待があります。

精度の高いショットを打つために、測定器を使用しているプロゴルファーやプロキャディーも少なくありません。

とはいえ、これからゴルフを始めたい人や初心者ゴルファーにとっては、レーザー距離測定器がどのようなもので、どんなメリットがあるのか分からないかもしれません。

そこで、ゴルフ用レーザー距離測定器の特徴や選び方、おすすめの商品を紹介します。実際に利用した人の口コミも紹介するので参考にしてください。

 

クラブ買取

目次

ゴルフ用レーザー距離測定器の特徴は?

レーザー距離測定器は距離感を掴むために有効だということで、試合前に測定器を使って練習するプロゴルファーも多くいます。ここでは、ゴルフ用レーザー距離測定器の特徴を紹介します。

正確に測りたい距離が分かる

ゴルフ用のレーザー距離測定器は、ほぼ誤差のない測定器で 距離を正確に測れるのが最大の特徴 です。

レーザー光を目標物に照射して、跳ね返ってきた時間を元に目標物までのヤード数を導き出してくれます。

たとえば、起伏のあるコースでは正確な距離が分かりにくく、ショートやオーバーすることがあるでしょう。

その点、レーザー距離測定器があれば、今いる位置からピンまでの距離やバンカーまでの距離が正確に分かるため、クラブの選択に迷いがなくなります。

打つべき距離が分かっているのですから、自信をもってスイングできるため、ミスショットのリスクも減らせるでしょう。

性能や価格帯に違いがある

ゴルフ用レーザー距離測定器を販売している会社はたくさんあり、それぞれで性能や価格帯が異なる測定器を用意しています。

性能面では、測定できる距離やピントの合わせやすさ、手ぶれ補正機能の有無、飛距離表示、大きさ、防水性能などに違いがあるので購入する際は検討が必要です。

特に、飛距離の表示方法は直線距離だけを表示するタイプのほか、高低差を加味した打つべき距離の目安を表示するタイプもあります。

基本的に、 高性能モデルほど値段が高くなる傾向にあるので、予算を先に決めてから製品選びをする のも良い方法です。

GPS距離測定器との違いがある

ゴルフ用の距離測定器には、 レーザー測定器とGPS測定器の2種類がある ので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

レーザー距離測定器

レーザー光を使った距離測定器は、 建築現場や道路の測量でも使われるほどの正確性が特徴 です。ゴルフ用のレーザー距離測定器は誤差が1ヤード以内といわれています。ただし、デジカメほどの大きさがあるため、ラウンド中の荷物になることを嫌う人もいるようです。

GPS距離測定器

GPS測定器はスマホよりも小さく、 なかには腕時計タイプもあるなど扱いやすさが特徴 です。一方で、衛星からの情報を頼りに位置を特定するため、正確性の面ではレーザータイプよりも劣ります。

ゴルフ用レーザー距離測定器の機能と使い方

どのようなツールを購入するにしても、特性は事前に知っておきたいところです。ここでは、ゴルフ用レーザー距離測定器の機能と使い方を説明します。

機能

販売されている製品によってレーザー距離測定器の機能は異なりますが、一般的には以下の機能が多いです。

・直線距離・高低差の測定…レーザー光による正確な測定なので距離感の悩みが減ります。

・手ぶれ補正…手が動いていると照準が合わないので手ぶれ補正機能があれば便利です。

・防水…ラウンド中に雨が降る場合もあるので防水タイプは重宝します。

これらの 機能が備わっているほど機器の値段は高くなる ので、予算との兼ね合いを考慮することが大切です。

使い方

ゴルフ用レーザー距離測定器の使い方は、タイプにかかわらず 「レンズを覗く」「上部にあるボタンを押す」という2ステップ のシンプル操作が特徴です。

上部のボタンを押すと「ヤード」で距離が表示されますが、設定を変えると「センチメートル」で表示できるので初心者でも扱いやすいでしょう。

ゴルフ用レーザー距離測定器|選び方のポイントは?

せっかく距離測定器を購入するなら、満足度の高い買い物をしたいところ。そこで、ゴルフ用レーザー距離測定器の選び方を紹介します。

測定距離は500~1000m程度

ゴルフ用レーザー距離測定器の目的は距離を測ることであるため、まずは測定距離を重視しましょう。

多くのモデルは、 測定可能距離が約500~1,000mとなっています。 500mをヤードに換算すると約546ヤードですから、ほとんどのコースで問題なく利用できるでしょう。

測定できる距離が長いほど価格が高くなる傾向にありますが、距離が短くても問題なければ格安の製品を購入できます。

登山や工事現場などでの使用もできるので、ゴルフ以外でも使うなら測定できる距離数にも注目しましょう。

計測機能は公式競技で使用するならオフ機能がついたものを

ゴルフの公式競技では、距離測定器を使用して高低差を測るのは違反行為ですから、いずれ公式大会への出場を考えているなら、 オフ機能が備わった距離測定器の購入がおすすめ です。

そもそも高低差の測定機能のないタイプを購入すればいいと思うかもしれませんが、日本国内にあるゴルフコースはアップダウンが激しいという特徴があります。

高低差を考えて打つべき距離を表示してくれるタイプは、特に初心者にとって重宝するので購入を検討したいところです。

防水機能がついたものがおすすめ

ゴルフコースに出ると、余程の悪天候でない限り雨の日でもプレーするのが一般的です。

せっかくゴルフ用レーザー距離測定器を購入したのに雨天時の使用で壊れてしまってはお金の無駄ですから、防水機能が備わった製品を選びましょう。

とはいえ、雨天時に濡れっぱなしになる腕時計タイプのGPS距離測定器とは違い、レーザー距離測定器はケースに入れて持ち運びます。

防水性能が特別に高いタイプでなくても、 防雨対応や生活防水などと記載されている製品を選べば問題ない でしょう。

サイズや重量を確認する

距離測定器はラウンド中に頻繁に使用するため、サイズや重量は気にしておきたい要素です。

ゴルフ用レーザー距離測定器のサイズは比較的コンパクトですし、重いものでも200グラム弱ほどのタイプが多いので気にならないかもしれませんが、何回も出し入れをしていると負担になることも考えられます。

また、購入する際にお店に足を運ぶなら問題ありませんが、インターネット通販で購入する際はサイズ感に迷う人もいるでしょう。

その際は、スマホのサイズを目安にできます。たとえば、 iPhone Xと比較すると以下のようになります。 

 

  サイズ(寸法) 重量

軽量・小型のレーザー距離測定器

約100×73×37mm 約130~170g
iPhoneX 143.6×70.9×7.7mm 174g

 

手ブレ防止機能がついているもの

ゴルフ用レーザー距離測定器は、遠くにあるピンフラッグなどの目標物にレーザー光を当てなければなりません。

距離測定器の扱いに慣れるまでは目標物が小さいほどレーザー光を正確に当てるのが難しいので、 手ぶれ防止機能が備わった製品がおすすめです。 

手ぶれ防止機能がない製品の場合、ピンフラッグまでの距離を測ったつもりなのに、実はグリーンの奥に立っている木までの距離を測ってしまった、というミスも起こりえます。

ゴルフ用レーザー距離測定器おすすめ20選

ここからは、 おすすめのゴルフ用レーザー距離測定器をタイプ別に紹介 します。サイズや重さ、機能なども考慮しつつ、お気に入りの商品を見つけてください。

各アンカーリンクを設置する

高価格でも性能や機能を重視したいタイプ

中価格帯で軽量・小型を求めるタイプ

低価格でとにかくコスパ重視のタイプ

大きく見えるレンズを求めるタイプ

【高価格でも性能や機能を重視したい人】

まずは 性能や機能を重視したい人向けの製品 を紹介します。より正確な情報を掴んでプレーしたい人におすすめです。

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカー SLOPE L7 JOLT 

 

 

 

※出典:ヨドバシカメラ

多くのプロが使用している「SLOPE Z6 JOLT」をベースにした本機は、外装に黒の本革を使用したプレミアムモデル。洗練された高級感を醸し出しています。

細い目標物も正確に測りやすいピンシーカーモードが特徴で、 ピンを補足するとバイブ機能により振動で測定完了を知らせてくれます。 

±20°の勾配を自動計算して打つべき推奨距離を教えてくれるので、錯覚による目測の誤りを防げるのも嬉しいポイント。

125ヤードまでの距離は±0.5ヤードの精度、表示は0.1ヤードという細かさにより精密なゴルフを可能にしました。

 

 

Bushnell(ブッシュネル)ピンシーカーツアーV5シフトジョルト  

 

 

※出典:ブッシュネル

Bushnellの最新テクノロジーにより完成した本機の 最大の特徴が「ダブルジョルト機能」 です。

ピンシーカー機能が作動して本体がバイブ振動すると同時にレッドリングが眼前に現れるため、測定完了を体感と視覚で認識できるようになりました。

高低差をチェックできるスロープモード、公式競技で使用できる直線距離モードの切り替えも可能です。

本体側面には強力な磁石を内蔵しているためカートフレームなどにつけておくこともできます。

 

 

NIKON(ニコン) COOLSHOT PRO STABILIZED

 

※出典:Yahoo!ショッピング

レーザー距離測定器で定評のあるニコンから発売された高性能モデルで、 コンパクトサイズながらも充実した機能が魅力 です。

手ブレによる視界の揺れを当社比5分の1に減らすことに成功したうえに約0.3秒で測定結果が表示されるということで、素早く確実に目標物までの距離を測れます。

コースの勾配を測って打つべき目安距離を知らせる機能、近くの目標物までの距離を優先的に表示させる機能、連続して距離を測れる機能など、プレーを助けてくれる機能が満載です。

 

 

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカーPRO XE JOLT

 

※出典:Yahoo!ショッピング

ピンシーカーといえば勾配計算により打つべき推奨距離を算出してくれる機能が特徴ですが、本機にはさらに 気温と高度を加味して計算する機能が加わりました。 

季節・時間帯・標高などの要素も含めて算出する機能により、正確に距離を導き出してくれます。

ターゲットを選定する際にピンシーカー機能が作動すると同時にバイブ機能でお知らせするジョルト機能、勾配計算機能の設定と解除を簡単にできるスロープスイッチ機能など、ほかのシリーズにも備わっている機能を盛り込んだ高性能モデルです。

 

 

GARMIN(ガーミン)Approach Z80

 

※出典:ガーミン

高性能レーザーに加えGPSゴルフナビも搭載した距離測定器です。レーザーによる実測距離とGPSによるコースレイアウトの表示ができるため、 屋内練習場のシミュレーションのようなイメージでゴルフを楽しめます。 

レーザーは±0.27ヤードと高性能で、ブレずにピンを狙える手ブレ補正機能も備わっています。

林越えをする際にピンまでの距離と方向を知らせてくれるピンポインター機能もあるので、迷いのないショットを手助けしてくれるでしょう。

 

 

VOICE CADDIE(ボイスキャディ) GL1

※出典:ヨドバシカメラ

「今までのレーザー距離計とは一味違う」というキャッチコピーの本機は、 ±0.5ヤードの正確性と0.5秒でピンを測定できるスピードの速さが魅力 です。

GPSとレーザーの両方で測定するため、バンカーやハザードまでの距離のコース情報を簡単に把握できます。コース戦力も練りやすいでしょう。

直線距離のみを測定するモードに切り替えられる「トーナメントクリップ」を装着すると公式競技でも使用できます。

アジア人の手のサイズにピッタリと合うグリップ設計ですから、安定感を確保した状態で距離を測定できるのも嬉しいポイントです。

 

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカー SLOPE TOUR Z6 JOLT    

 

※出典:Yahoo!ショッピング

高精度の測定を可能にした本機はピンシーカースロープ史上の最高傑作といわれています。

5~125ヤードまでの測定では±0.5ヤードの精度を誇り、0.1ヤード単位で表示されるので 緻密なゴルフでコースを攻めたい人におすすめです。 

特殊なディスプレイ技術により実現した高コントラストの表示で、小さく見えるピンフラッグもハッキリと見えます。

勾配計算ができるスロープ機能、バイブ機能、手早く測定できるピンシーカーモードなど、ほかのシリーズ同様に高性能の距離測定器です。

 

 

【中価格帯で軽量・小型を求める人】

ゴルフ用レーザー距離測定器の機能を十分に使いたいけどコストは抑えたい、できれば 軽くてコンパクトがいいと考える人向けの製品を紹介します。 

NIKON(ニコン)COOLSHOT 40i

 

※出典:ヨドバシカメラ

測定結果が表示されるまでの時間はわずか約0.5秒と抜群の速さを誇る本機は、多彩なモードを搭載しているのも魅力です。

直線距離を測るモード以外に、直線距離と高さ、水平距離と高さ、打つべき距離の目安を表示するモードもあり、プレースタイルに合わせてサポートしてくれます。

赤くて見やすい内部表示に加え、距離を測定できたときにはグリーンサークルが現れる親切設計なのもポイント。

 コンパクトで軽いボディを実現した扱いやすい距離測定器 です。

 

 

Yupiteru(ユピテル)AGF-Laser1

 

※出典:ユピテル

リーズナブルな価格でも、 目標物までの距離をピンポイントで表示してくれるおすすめの距離測定器 です。

遠くにあるピンまでの距離を楽に狙えるピンサーチ機能が備わっているので、手ブレで照準を合わせられないという心配もありません。

目標物に照準を合わせてボタンを押すだけの簡単操作ですが、直線距離・水平距離・垂直距離・角度まで確認できるのでゴルフ以外にも活用できるでしょう。

約30秒で電源が切れるオートパワーOFF機能もあるので電池の消耗を減らせるのもポイントです。

 

 

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカー TOUR V4 SHIFT JOLT    

※出典:ブッシュネル

ピンシーカーのなかでは比較的リーズナブルに購入できますが、申し分ない機能を備えているため コストパフォーマンスを意識する人におすすめの機種です。 

バイブ機能やスロープ機能、スロープスイッチ機能など、ピンシーカーならではの機能はもちろん付いていますし、ピント調整を素早くできるクイックフォーカスシステムも搭載しています。

それでいて重量は162グラムの軽さですから、ラウンド中も重さが気にならないでしょう。

 

TecTecTec! VPRO 500S

※出典:テックテックテックJapan

コンパクトで軽い機種がいい、そしてコスパ最重視というゴルフ初心者におすすめのレーザー距離測定器です。USAアマゾンで販売台数4年連続№1という実績からもその人気をうかがい知ることができます。

お手頃な価格帯とはいえ、±1ヤードの測定精度、約0.2秒の測定スピードを実現しています。しかも、最長2年間の保証期間も付いているので安心して使用できるでしょう。

 持ちやすさを考えたデザインはグリップ力が高いので距離を測りやすく なっています。

 

Volvik(ボルビック)Range Finder V1

※出典:ボルビック

照準が大きいため目標物までの計測を手間なくできるレーザー距離測定器です。照準は好みに合わせて選べるように3パターン用意されています。

照準が目標物を捉えたときは振動で教えてくれますし、10秒間操作をしなければ電源が切れる親切設計です。

 バッテリーを含んだ重さは180グラム で、軽さが自慢の他機種に引けを取りません。

カラーはブラック、レッド、オレンジ、イエロー、ミントの5色が用意されているので、ペアで揃えるのもいいかもしれません。

 

 

GOLFZON キャディトーク MINIMI

 

※出典:キャディトーク

クレジットカードと同程度のサイズで、ポケットに入れても邪魔にならないレーザー距離測定器。しかも、重量が135グラムと軽さとコンパクトさを追求した世界最小クラスです。

コンパクトとはいえ、性能面は充実しています。国際特許技術である高低差とボールの弾道を反映する距離測定機能、温度・湿度・高度などの環境要因を反映させて打つべき推奨距離を知らせてくれる機能などもあるので実践向きです。

コンパクトサイズで軽い、簡単操作なのに本格派というメリットがあるため、 とくに初心者におすすめ と言えます。

 

 

ケンコー レーザーレンジファインダー Winshot KLR-600PRO

 

※出典:ケンコー・トキナー

計測ボタンを押すとすぐに距離を測れるゴルフ用レーザー距離測定器です。 公式競技でも使える直線距離専用モデル のため、試合に出ることを想定している人にもおすすめ。

測定ボタンを押しっぱなしにすると複数個所の距離を連続して測れるので、ピン以外に池やバンカーまでの距離をスムーズに計測できます。

カメラレンズをはじめとした光学機器を製作しているケンコーの測定器ですから、正確さを期待できるでしょう。

アイレリーフが16.5㎜あり、メガネをかけたままでも距離測定をしやすくなっているのも特徴です。

 

 

【低価格でとにかくコスパ重視の人】

ゴルフ用レーザー距離測定器があれば便利とはいえ、最初は安い機器で十分という人もいるでしょう。しかし、性能面も大事なポイント。そこで、 コスパ重視の人向けの測定器を紹介 します。

 

アイリスオーヤマ PLM-600

 

※出典:Yahoo!ショッピング

値段重視でゴルフ用レーザー距離測定器を選ぶなら、1万円以下でも購入できる本機はいかがでしょうか。シンプル機能で軽いレーザー距離計がアイリスオーヤマから登場しました。

直線距離を測れるのはもちろん、簡単にピンまでの距離を測定できるモードを搭載していますし、雨や霧など視界が悪い条件下でも距離測定が可能です。

ポケットに入る大きさで、 重さは147グラムと軽さが自慢。 かさばらないサイズ感ですからスムーズにプレーできるでしょう。

 

FineCaddie ファインキャディ J100

※出典:Fine

低価格でも 充実の機能は欠かせないという人向け のレーザー距離測定器です。

測定可能距離は1,000ヤード以上を確保したうえに、高低差を計測できるモード、測定が完了すると振動で知らせてくれる機能など、低価格とは思えないほど性能が充実しています。

遠くにあるターゲットも認識しやすい6倍率のファインダーを搭載しているので、目標物をしっかり捉えられます。

自動電源オフ機能も備わっており、1回のフル充電で約3万回まで測定できるという省エネ設計も見逃せません。

 

 

wosports レーザー距離計

 

※出典:Yahoo!ショッピング

最大測定可能距離は700ヤード、誤差は±1ヤードで、 低価格帯でも高い精度で長い距離を計測できる機種 です。

軌道補正技術により、勾配を補正して打つべき推奨距離を表示できたり、距離を測定するとバイブ機能で知らせてくれたりするなど、中価格帯以上の機能も備えています。

また、接眼レンズは-5~+5まで調節可能ですから近視や遠視の人も合わせやすく、メガネなしで目標物をはっきりと認識できるのも特徴です。

 

【大きく見えるレンズを求める人】

ゴルフ用レーザー距離測定器は、できるだけ視認性が高いタイプが欲しいという人もいるでしょう。そこで、 大きく見えるレンズを搭載したモデルを紹介 します。

 

VOICE CADDIE(ボイスキャディ) SL1 Tour Gold

 

※出典:ボイスキャディ

レーザー距離測定器にGPSナビを搭載した 世界初となるハイブリッドモデルの測定器 です。レーザー光でピンを測定する際に自動でGPSも作動するので、認識ミスを軽減して精度の高い計測を可能にしています。

レンズは1インチ拡張されているため、より見やすくなりました。視野角と鮮明度を20%高めた光学6倍率のレンズによって、鮮明で明るい画面を見ることができます。

外部に装備された液晶モニターにはグリーンレイアウトが表示されるので、手元の測定器で距離情報とともにコース情報を確認しながらピンを狙えます。

 

ShotNavi(ショットナビ)Laser Sniper X1 Fit

※出典:ショットナビ

手軽に使えてシンプルでも、 高機能のレーザー距離測定器が欲しい人におすすめ の機種です。

大きめのレンズを搭載しているので視認性が高く、目標までの距離を的確に測ることができます。

超軽量・超コンパクトボディながら、高低差を計測できる機能やピン捜索を簡単にできる機能などが備わっているのもポイント。

目視では測るのが難しい場所も、大きめレンズを覗いて計測ボタンをワンプッシュするだけで打つべき距離が分かるので、クラブ選択に迷いがなくなります。

 

GOLFNOTE編集部おすすめ

ピンイーグルゴルフ距離計

 

※出典:Yahoo!ショッピング

ゴルフ用レーザー距離測定器を専門に開発しており、 高性能かつ低価格を実現できた測定器 です。

自動ピンサーチ機能により測定ミスを防いで目標物を捉え、照準が定まったら0.5秒という短さで距離を計測できます。測定が終わったら知らせてくれるバイブ機能付きです。

高低差測定機能によって打つべき距離の目安を確認できるため、迷いなくスイングできるのもメリット。

たくさんの機能が備わった高コスパ測定器と言えますが、さらに長期3年保証も付いているので安心して使用できるでしょう。

 

ゴルフ用レーザー距離測定器おすすめ20選一覧表

【高価格でも性能や機能を重視したい人】

製品 計測範囲(yard)

高低差測定

サイズ(mm) 重量(g) 手ブレ防止機能 防水機能

Bushnell(ブッシュネル)
 ピンシーカー SLOPE L7 JOLT

1300

102×74×33

227

完全防水

Bushnell(ブッシュネル)
ピンシーカーツアーV5シフトジョルト

1300

114×76×45

226 生活防水

NIKON(ニコン)
 COOLSHOT PRO STABILIZED

1200 96×74×42

170

防水防曇

Bushnell(ブッシュネル)
 ピンシーカーPRO XE JOLT

1300 114×84×44 315 完全防水

GARMIN(ガーミン)
Approach Z80

350 122.9×80×42.1 226 完全防水

VOICE CADDIE(ボイスキャディ)
GL1

900 108.2×70.75×35.9 170

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカー
SLOPE TOUR Z6 JOLT

1300 102×74×33 227 完全防水

 

【中価格帯で軽量・小型を求める人】

製品 計測範囲(yard) 高低差測定 サイズ(mm) 重量(g) 手ブレ防止機能 防水機能

NIKON(ニコン)
COOLSHOT 40i

650 112×70×36

160

生活防水

Yupiteru(ユピテル)
AGF-Laser1

660 105×72×39 180 防噴流形

Bushnell(ブッシュネル) ピンシーカー
TOUR V4 SHIFT JOLT

1000 104×76×43 162

TecTecTec!
VPRO 500S

540 104×72×41 190 生活防水

Volvik(ボルビック)
Range Finder V1

1300 105×72×38 180 生活防水

GOLFZON
キャディトーク MINIMI

1312 92×58×31 135 生活防水

ケンコー
レーザーレンジファインダー Winshot KLR-600PRO

656 110×70×42 169

 

【低価格でとにかくコスパ重視の人】

製品 計測範囲(yard) 高低差測定 サイズ(mm) 重量(g) 手ブレ機能 防水

アイリスオーヤマ
PLM-600

 

660 106×73×35 147 防滴仕様

FineCaddie
ファインキャディ J100

1093 105×66.4×38 161 生活防水

wosports
レーザー距離計

700 118×73×40 150 生活防水

ピンイーグル
ゴルフ距離計

660 125×77×45 178 防噴流形

 

【大きく見えるレンズを求める人】

製品 計測範囲(yard) 高低差測定 サイズ(mm) 重量(g) 手ブレ防止機能 防水

ボイスキャディ 
SL1 Tour Gold

1000 108×75.3×37.8 224

ShotNavi(ショットナビ)
Laser Sniper X1 Fit

600 89×73×37 145 生活防水

ゴルフ用レーザー距離測定器の口コミ

ゴルフ用レーザー距離測定器を実際に使用している人はどのように感じているのでしょうか。ここでは、測定器の口コミを紹介するので、購入検討時の参考にしてください。

【良い口コミ】

まずはゴルフ用レーザー距離測定器を購入して良かったという口コミから紹介します。

測定器を使うとモチベーションアップにつながる!

レーザー距離測定が人気なんですね!

【悪い口コミ】

一方で、ゴルフ用レーザー距離測定器に対してネガティブな意見をもつ人もいるようです。

ゴルフはおしゃれも楽しみたい!腕時計タイプが苦手な人はレーザーがおすすめ!

 

その他の口コミを見ると、目標物に対して照準を合わせられない点に不満を感じている人もいます。

「手ブレが酷くて毎回距離が変わってしまう。手ブレ補正機能がないとダメ」「安い機種を購入したらピントが合わせづらい。やはり安物はダメかも」というように、手ブレによる計測不良に関する口コミが複数ありました。

確かに、レーザー距離測定器は目標物に対してピントを合わせなければ正確な距離を測ることはできません。しかし、手ブレ補正機能のある機種なら問題は解決できるはずです。

手ブレ防止機能はあった方がよさそうね!

ゴルフ用レーザー距離測定器の選び方|参考にしたい動画

ここでは、ゴルフ用レーザー距離測定器を実際に購入した人やプロゴルファーの視点から見た選び方を紹介します。

①ゴルフ用レーザー距離計おすすめランキングTOP5|実際に試したモノの中から本当におすすめなモデルを厳選しました!

ゴルフ用レーザー距離測定器のなかでも、おすすめの製品を紹介している動画です。

動画によると、第5位はPin-Eagle(ピンイーグル) のゴルフ距離計でした。コスパの良さは認めているものの、測定までに時間がかかったり、サイズが大きかったりするなどがデメリットのようです。

第4位はBushnell(ブッシュネル)ピンシーカーツアーV5シフトジョルトです。距離測定のボタンを押してから計測されるまでの時間が早いのがメリットとのこと。一方で、サイズが大きいことと重いことがネックになっているようです。

第3位はaim L10Vです。手のひらサイズで扱いやすい、計測しやすい、見やすいなどのメリットが挙げられています。

第2位はニコンのCOOLSHOT PRO STABILIZEDでした。手振れ補正が付いたレーザー距離計はこの機種だけということでお気に入りの様子。レンズを覗いたときにポインターがブレないのは使い勝手に大きく影響するようです。

第1位はCaddyTalk minimiです。世界最小のクレジットカードサイズで厚みもないタイプがおすすめの理由でした。計測のしやすさ、高低差補正機能なども付いていてコンパクトかつ高性能という点を評価されています。

ゴルフ用レーザー距離測定器はたくさん発売されていますが、コンパクトで計測しやすいモデルほど使い勝手が良いと言えるでしょう。

 

②レーザー距離計とGPS距離計、買うならどっち?

ゴルフ用レーザー距離測定器を購入するなら、レーザータイプとGPSタイプのどちらが良いのか悩むところです。

動画では、それぞれのメリット・デメリットに触れながら議論が繰り広げられています。実際に距離測定器を使いながらホールを回っているので参考になるでしょう。

最終的にどちらが良いのかはうやむやになっていますが、全体を通して参考にできる部分が多々あります。

 

③最新アイテム!レーザー飛距離計!コスパ最強のPin Eagleピンイーグル!!【ゴルフ飛距離計測器】

コスパが良いと評判のPin Eagleピンイーグルの使い方と効果を紹介している動画です。実際にラウンドしながら距離測定器を使用しているので、本当の使い勝手が良く分かります。

とにかく正確に距離を測れる点に感動している様子で、購入価格である15,800円以上のお値打ち感があるようです。

また、先にコースでラウンドしている人との距離を測れるのもメリットとして挙げています。

前の人に打ち込んでしまうのを避けるためにもレーザー距離測定器は有効なことが分かりました。

 

まとめ

目標物までの距離を正確に測れるゴルフ用レーザー距離測定器は、目測による間違った計測でミスショットするのを防げます。

ゴルフ用レーザー距離測定器のおすすめの選び方は、機種ごとの機能面とサイズ感を確認したうえで予算と照らし合わせることです。

そのために、どのような機種が発売されていて、自分はどのようなタイプが欲しいのかを把握しておきましょう。

今回取り上げた20機種のなかには初心者向けのタイプも多くあるので、じっくりと比較してみることをおすすめします。

 

クラブ買取

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取