【プロ監修】アイアンでシャンクが止まらない!原因とシャンクを止めるドリル

アイアン

数あるミスショットの中でも、精神的なダメージの大きいシャンクは、できるだけ避けたいミスのひとつです。特にアプローチやアイアンショットでは注意が必要です。
ラウンド中ににシャンクが出てしまって悩んでいるプレーヤーもいるのではないでしょうか。そこで今回は、原因と止める方法を解説します。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

アイアンでシャンクが出るのはなぜ?

シャンクは特にアイアンで出やすいミスになります。なぜアイアンでシャンクが出てしまうのか、理由を知っておくことはシャンクを止めるためにも大切です。
ここでは、アイアンでシャンクが出てしまう理由を解説していきます。

シャンクとはインパクト直後からボールが右へ飛び出すミスショット

シャンクとは、インパクトの直後からボールが右側の方へ飛び出してしまうミスショットを指します。

原因は、ボールがアイアンのネック部分に当たることにより、打ち出しから急角度に右へ飛び出すことです。

自分では思ってもいない方向にボールが飛んでいく原因が分からずに、悩む人も多くいます。

アイアンでのアドレスがボールに近すぎる

アイアンのアドレスがボールに近すぎるケースでも、シャンクが起きます。このパターンは初心者に多く、構える時に以下の問題があります。

  • 手の位置が体に近い
  • 重心が踵に乗りすぎている

アドレスでの手の位置が体に近いと、スイング時に手元が前に出てしまうためシャンクを誘発します。
正しい手のポジションは、クラブを持たずに前傾し、腕をだらりと下げた時の位置です。

重心が踵に乗りすぎた場合は、構えた後に何度か足踏みを繰り返すことによって、重心が踵から土踏まずの真ん中あたりに移動するため、解消できます。

アイアンのスイング中にボールに体が近づいている

アイアンでシャンクが出る原因に、スイング中にボールに体が近づいてしまう状態があります。特にアマチュアプレーヤーは、うまく体の回転が使えていない時に起こる可能性が高くなります。

と言うのも、ボディターンが不十分なために、スイング中にお尻が前に出てしまう結果、手元も前に飛び出してしまい、クラブとボールの当たる位置が変わりシャンクを引き起こします。

このような場合は、ダウンスイング中に左側のお尻を後ろに引くことを意識すると改善できます。
ラウンド中に意識することは難しいので、無意識にできるまで練習場や素振りで繰り返すことにより、体に覚えこませましょう。

壁にお尻をつけた状態で、左側のお尻が壁から離れないよう意識してダウンスイングを繰り返します。

アイアンのインパクトでフェースが開いている

アイアンでのインパクト時にフェースが開いている場合も、シャンクの原因です。

なぜなら、ダウンスイング時に手元が浮くとクラブが寝るためにフェースが開き、クラブとボールの当たる位置が変わってしまうからです。

シャンクを回避するには、左脇を締めて腕と体の間の空間を広げ、左腕を体の近い場所で通します。するとフェースが開かないので、クラブが寝てしまうこともありません。

また、クラブを構えたときの前傾角度が変わらないように注意しましょう。

アイアンのアウトサイドインが原因の可能性も?

アイアンのアウトサイドインが原因の可能性もあります。

トップ付近で左足に体重が乗っていると、アウトサイドインになりやすくなり、ダウンスイングで体が前に倒れてしまったり、うまく体重移動ができなかったりします。

シャンクしないためには、トップ付近で右足に多く体重を乗せることを意識します。

アウトサイドインを防ぐために、ボールを横に二つ並べ、手前のボールを打つ練習も効果的です。

適正な体重移動ができないうちは、手前ではなく奥のボールを打ってしまわないかと気になっるかもしれません。
しかし、この練習を繰り返すことにより適正なダウンスイングを習得することができ、アウトサイドインを軽減できます。

ホールでシャンクが止まらなくなった場合の対処法

ホール中にシャンクが止まらなくなった場合の適切な対処法をここで紹介します。

ボールの位置をチェックする

自分自身とボールの位置を見直すことにより、シャンクが止まる可能性があります。

クラブのヒールの部分にヒットする状態が原因ではありますが、かといってヒールに当てないようにボールと体を離せば必ずシャンクが直るというわけではありません。

体がボールから離れればグリップもボールから遠くなり、余計にシャンクを招きかねません。そのため、ボールに少し近づきトゥでインパクトすることが有効です。

アイアンやウェッジを使わずにラウンドをする工夫をする

ラウンド中にどうしてもシャンクが止まらなくなってしまったときは、思い切ってアイアンではなく、ユーティリティに頼ってみましょう。グリーンと距離がある場合は、ユーティリティを短く持って打つとシャンクが止まる可能性もあります。

グリーンの近くなら、クラブをウェッジからパターに持ち替えましょう。
無理にアイアンを使うのではなく、その場の状況を考えてクラブをチェンジすることが大切です。

もうアイアンでシャンクを出さない改善ドリル4選

ここでは、以下の動画によりアイアンでシャンクを出さない方法を説明します。

ラウンド中のアイアンのシャンクは、グリップを体に引きつけて応急処置!

ダウンスイングでグリップを体に引きつけることにより、シャンクを防止します。 そのためには、手の甲を下に向けることを意識することがポイントです。

<動画のポイント>

  • 左手の手の甲を下に向けることを意識する
  • 左手の手の甲が見えているとシャンクが出てしまう

クロスハンドでアイアンのシャンクを直す

クロスハンドで打つことにより、手が前に出ないクセをつけることができ、シャンクの改善に繋がります。

<動画のポイント>

  • ヘッドをしっかりと前に出す練習ができる
  • ハーフショットを意識して行う

フルスイングでなくても、ハーフショットでそれなりに距離が出ますので練習してみましょう。

##アイアンでアプローチのシャンクは右足を引く

アプローチでシャンクが出てしまう人は、右足を引くことを心がけましょう。

<動画のポイント>

  • 構えた位置よりも手が前を通過するとシャンクが出てしまう
  • 左足一本で重心を作り構える

構えた位置よりも手の前を通過するとシャンクが出てしまうミスを防ぐために、左足一本で重心を作り右足を引いて構えましょう。アプローチを邪魔する右足の動きを防げます。

この練習を繰り返し感覚がつかめたら両足で構えても大丈夫です。

##右足を外側に向けるだけでシャンク防止になる

右足を外側に向けるだけで、右の膝が前に出ないのでフェースが開かず、シャンクを防止できます。

<動画のポイント>

  • 右の膝が前に出るとフェースが開きシャンクが出てしまう
  • 右足を外側に向けるだけでフェースが開かなくなる

また、少し離れて構え右足のつま先を上げることにより、アウトサイドから入りづらくなるので、シャンクにならずボールが打てます。

シャンクを出さないためにはフォームの確認が不可欠

シャンクを出さないためには、フォームの見直しが大切です。

ダウンスイングで、腕が前に出ないように意識しましょう。そのためには、クロスハンドや、右足を引くように構える練習で感覚をつかむことです。
フォームが直れば正しくダウンスイングでき、シャンク防止につながるでしょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

■使用クラブ
ドライバー テーラーメイドM4
FW キャロウェイ XR
UT AKIRA 21° 18°
アイアン AKIRA KS301
52°58° AKIRA 8シリーズ
パター スコッティキャメロン
使用ボール スリクソン zstarXV

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取