【プロ監修】アイアンがトップする原因と予防策!動画ドリル付き

アイアン

アイアンはもっとも利用回数が多いクラブですから、ラウンド中に繰り返しトップが出るとスコアどころではなくなってしまいます。

しかし、トップは原因を理解し練習することで改善できますし、ラウンド中でも修正可能です。

この記事ではアイアンでトップする原因と予防策、効果的な練習方法などを解説します。動画ドリル付きなので、ぜひ参考にしてください。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

おさらい:アイアンの「トップ」とは

アイアンでトップするとは、どのような状態なのでしょうか?ここでは、原因などを解説する前に、おさらいとして「トップ」とはなにか説明します。

トップは、クラブがボールの上部を叩くために球が上がらずに転がる状態

トップとは、ボールの上部を叩いて打ったために浮かずに転がったり、その場で跳ね上がったりするミスショットです。

ボールは前方へ転がることが多いですが、飛距離はコントロールできないうえ、転がって深いラフや池に入るなどトラブルにもつながります。
また、同じ場所でいくら打っても何度もボールが跳ね上がる光景なども珍しくありません。

しかし、原因を理解し練習することでトップは回避できます。次からは、原因や予防策などを紹介します。

アイアンがトップする7つの原因

アイアンがトップする原因は人それぞれです。ここでは、おもな6つの原因を紹介しますので、それぞれの原因によるメカニズムを理解し、自身がどれに当てはまるのかをチェックしましょう。

アイアンがトップする原因1.インパクトで前傾姿勢が崩れている

インパクトで前傾姿勢が崩れてしまう状態も、トップの原因です。

なぜなら、アドレスで取った前傾姿勢を保てずに起き上がってインパクトすると、アドレスで合わせたクラブヘッドとボールの距離が離れてしまい、ボールの北半球を叩いてしまうからです。

前傾姿勢が起き上がってしまう理由は、球の行方を気にしてしまい、顔が上がってしまうことです。顔が上がることによって手元も浮くので、ヘッドがボールに届かずトップやハーフトップなどミスショットにつながります。

前傾姿勢をチェックするときは、インパクトを横から見たときのお尻の突き出し具合を確認しましょう。

<ポイント>

  • トップは、アドレスで取った前傾姿勢を保てずにインパクトで体が起き上がる
  • インパクトで顔が上がってしまい(ヘッドアップ)」、手元も浮いてヘッドがボールに届かない
  • インパクトを横から見てお尻の突き出しをチェックする

アイアンがトップする原因2.打ち急いでいる

打ち急いでしまうのも、トップの原因です。

トップからの切り返しのタイミングが早すぎで手打ちになるため、さまざまなミスショットを誘発します。
打ち急ぎにより、ヘッドが下りてくる前に手元が先行してしまうとボールにヘッドが届かない状態になってしまいトップになります。

またトップでタメができず、切り返しが上半身主導になるか、上半身と下半身が同時に動いてしまうため、アウトサイドイン軌道になります。

トップしない上級者のスイングを見ると、切り返しからダウンスイングの初期にかけて、上半身はほとんど動かず下半身が先行回転している様子が見てとれるでしょう。

<ポイント>

  • 切り返しのタイミングが早すぎて手打ちになる
  • 切り返しが上半身主導や上半身と下半身が同時に動くとアウトサイドイン軌道になる
  • ヘッドに対して手元が先行しすぎるとトップになる
  • 上級者の切り返しは下半身先行

アイアンがトップする原因3.体の重心がテイクバックの方向に流れている

イメージカット

テイクバックで体の重心がテイクバック方向に流れる、つまり右側にスウェーする状態もトップの原因です。

体の軸がブレるため、右に軸がずれた状態でスイングをするとアッパー軌道になり、トップをする可能性があがります。加えて、反動によるインパクト時の左方向へのスウェーも様々なミスの原因になります。

テイクバック時、体の軸が両足の間隔より外側にはみ出してはいないかチェックしましょう。

<ポイント>

  • テイクバックで右にスウェーするとアッパー軌道になり、トップの原因になる
  • インパクト時には左へ大きくスウェーする原因にもなる
  • テイクバックで体の軸が両足の間隔より出ていないかチェック

アイアンがトップする原因5.インパクトで体重が右足に残っている

体重を左足へ移動できずに右足に残ってしまう場合も、トップの原因です。

右足に体重を残したままインパクトしてしまうと、重心が右足側になるのでクラブヘッドの最下点がボール手前となりダフったり、ボールに届かずに北半球を叩いてトップになったりします。

アイアンは、最下点の手前でボールを打つ「ダウンブロー」でインパクトします。

しかし右足に体重が残ってしまうと、最下点がボールの手前になってしまったり、クラブが地面に着くことなくフィニッシュを迎えたりすることになります。

自身のアイアンの最下点前を見て、体重移動ができているかをチェックしましょう。

<ポイント>

  • トップの原因は右足重心でのインパクト
  • 体重移動ができない場合はボールにクラブヘッドが届かずトップする
  • 自身の最下点前で体重移動できているかチェック

アイアンがトップする原因6.すくい打ち

すくい打ちもトップの原因です。

すくい打ちとは、ロフト角度以上に球を上げようとしてしまうことで、クラブヘッドをボールの下から入れて、すくうように打つことです。

ボールを「上げたい」「飛ばしたい」心理が、地面にあるボールをすくい上げてしまいます。

アイアンは最下点の手前でインパクトするダウンブローですから、ボールを打ち上げようしてスイングしていないかチェックしましょう。

<ポイント>

  • トップはすくい打ちが原因
  • ボールを飛ばしたい、高く上げたいなどの心理がすくい打ちにつながる
  • ロフト角度以上の弾道の高さをイメージしてしまい、アッパーブローでインパクトしようとしている
  • ボールを打ち上げようとスイングしていないかをチェック

アイアンがトップする原因7.打つ前から視線が飛球方向を向いている

インパクトする前から視線が飛球方向を向いていると、トップの原因になります。

正しくはフィニッシュに向かう自然な流れで、顔がボールの飛行方向を向くため、自分から飛行方向を意識する必要はありません。

仮に顔を早く上げているなら上体も起き上がり手元も浮くので、クラブヘッドがボールを十分にミートできずにトップします。

<ポイント>

  • トップの原因は、インパクト前やインパクト直後の飛行方向の目視
  • 顔を上げると上体も上がり手元が浮き、ボールをミートできずにトップになる
  • トップしない場合は、フィニッシュへの自然な流れで顔が上がる

アイアンでトップしない3つのポイント

アイアンでトップさせないための、3つのポイントを紹介します。

アイアンでトップしないポイント1.ボールの正しい最下点を意識する

クラブフェースの正しい最下点を意識することで、フェースがボールのどこに当たればトップしないのかを覚えることが大切です。

アイアンの最下点はボールよりも先になるので、クラブヘッドが下降中にインパクトすることになります。ボールを打ってから、ボールのターゲット方向先の地面にクラブヘッドが着くイメージです。ボールの打つ場所は、中心よりやや下付近を意識しましょう。

今まで打ち上げる意識でスイングしていたプレーヤーは、最下点を意識することで、トップなどのミスショットを大幅に減らせます。

<ポイント>

  • アイアンの最下点はボールよりも先
  • クラブヘッドが下降中にインパクトする
  • ボールの打つ場所は、中心よりやや下付近を意識

アイアンでトップしないポイント2.左足体重でフォロースルーする

左足に体重をかけて、フォロースルーすることも大切です。フォロースルーで左に重心があれば、トップをする確率は格段に減ります。

スイングの最終目標はフィニッシュです。最終目標が「インパクト」と意識すると、左足に体重が乗りきりません。
ボールを打つためのスイングではなく、しっかりと体重移動をするスイングの通過点にボールがあるというイメージが必要です。

練習では、強制的に左足へ体重がかかる体勢で打つ方法がおすすめです。

例えば右足の下にマットなどを敷いて、自然と左足に体重がかかるようにして打つと、正しいフォロースルーを覚えやすくなります。

<ポイント>

  • ボールをスイングの最終目標にすると左足に体重が乗りきらない
  • フィニッシュまでがスイングだと意識する
  • 強制的に左足体重で打つ練習が効果的

アイアンでトップしないポイント3.ダウンブローで打つ

前述したようにアイアンはダウンブローで打ちます。
ダウンブローはハンドファーストでインパクトしますが、そのとき、アドレスから意識するポイントがあります。

<ダウンブローで打つアドレスのポイント>

  • スタンスは肩幅くらいに取る
  • ボールの位置は体の中心付近
  • ハンドファーストで構えるため、グリップ位置をヘッドよりターゲット方向に構える

アドレス時の前傾姿勢と手首の角度を保ってスイングすると、ダウンブロー軌道になります。

アイアンのトップ対策動画ドリル

ここからは、アイアンのトップ対策に効果的な動画ドリルを紹介します。トップに対しては個別の対策方法を取ったうえで、ダウンブローを習得するのが確実な改善方法です。

インパクト後も視線を変えず前傾姿勢を維持 

ヘッドアップを一発で改善できる動画ドリルです。ボールとスイングに集中し、ヘッドアップする癖をなくすのが基本といえます。

<動画のポイント>

  • 体の軸を感覚的に、自分の体に覚え込ませる
  • 自分にとっての自然なスイングを筋肉に記憶させる
  • 素振りしてどの位置にボールがあればもっともミートするのか、ポイントを見つける

筋肉に自然なスイングを記憶させることで、スイング中の余計な動きや考えがなくなります。その結果、ヘッドアップもなくなり、スイングに集中できるでしょう。

打ち急ぎ対策にはリズムで振る

打ち急ぎを改善する練習方法を紹介した動画ドリルです。

<動画のポイント>

  • アドレスを取り、数字を3つ数えながらスイングする
  • アドレスで1、トップで2、切り返してインパクトで3のイメージでスイングする
  • 実際に声に出して行うと効果的

スイングは、スピード、タイミング、リズムが安定している状態が理想的です。しかし打ち急ぎは、緊張などのメンタル的な要素で無意識に出てしまいます。スイングのリズムを体が覚えていれば、打ち急ぎは改善できます。

ゴルフボールで身体流れ・重心ずれを防止

スウェーを防止するための練習ドリルです。

<動画のポイント>

  • 右足のつま先でボールを踏んでアドレスを取る
  • 踏んでいるボールに体重をかけないようにしてスイングする

ボールを踏むことで、右にスウェーしないで打つ感覚が身につきます。

スウェーは体を回転ではなく横移動が原因です。体重移動を意識しすぎず、重心はそのままで体の回転を意識しましょう。

すくい打ちはダウンブロー習得で解決

ダウンブローを身につけるための練習ドリルです。

<動画のポイント>

  • 9番アイアンで普通にスタンスを取り、その位置から左足のつま先を内側に90度傾ける
  • 右足を左足に揃える
  • ハーフスイングで上からクラブのヘッドを入れることを強く意識してボールを打つ

すくい打ちでは、この体勢で打てません。スムーズに打てるスイングが、ダウンブロー軌道です。

ダウンブローが難しいならレベルブローを覚える

レベルブローを身につけるための練習ドリルです。ダウンブローが難しいなら、レベルブローを覚えましょう。

<動画のポイント>

  • レベルブローはスピン量を一定に保ちやすく方向性が安定する
  • ボールの赤道部分を打つイメージでスイングする
  • ロフト角はボールの南半球に入れるイメージでスイングする

トップの原因を知りダウンブローを覚えましょう!

すくい打ちや上体の起き上がりがトップのおもな原因です。

そして正しくダウンブローで打てるようになれば、トップなどのミスショットも大幅に減らせます。

ここで紹介した練習方法を参考に、ダウンブローを覚えスコアアップを目指しましょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

■使用クラブ
ドライバー テーラーメイドM4
FW キャロウェイ XR
UT AKIRA 21° 18°
アイアン AKIRA KS301
52°58° AKIRA 8シリーズ
パター スコッティキャメロン
使用ボール スリクソン zstarXV

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取