【プロ監修】アイアンの構え方!アドレスを正しく作るコツを解説、練習動画あり

アイアン

ゴルフの構えを「アドレス(address)」と呼びますが、手紙やメールを送る「住所」と同義語です。宛先が違えば届いてほしい場所へ便りが届かないように、ゴルフでもアドレスを誤ると狙った場所にボールは飛びません。

どのレベルのゴルファーでも正しいアドレスの構え方を理解しショットを安定させることが重要です。
アドレスを間違うと、ショットの方向性や弾道といったコントロールが安定しないからです。

この記事では、アイアンの正しいアドレスについて、ポイントや効率的な練習方法などを解説します。紹介しているドリル動画で、さらなるスコアアップを目指しましょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

アイアンショットの良し悪しはアドレスの構え方で決まる

アイアンショットの方向性や弾道、スピン量などの球筋は、アドレスで決まります。そのためスコアアップを目指すなら、アイアンショットを安定させるために正しいアドレスを理解し身につけることが近道です。

ラウンド中はスタンスやグリップ、ボールの位置や前傾姿勢などを各種クラブに応じて使い分ける場面が度々生じるため、判断を誤るとミスショットになりかねません。このようなアクシデントを避けるためにも、正しいアドレスの理解は欠かせないのです。

「ショットが安定しない」「狙った方向や弾道のボールが出ない」といった悩みがあるなら、自分のアドレスを確認し、改善すべきポイントを意識した練習に取り組みましょう。

アイアンの構え方の手順・アドレスの入り方はまっすぐ立つところから

アイアンのアドレスは、まっすぐ立つ動作から始まります。「まっすぐ立つ」とは、体の軸と地面が垂直になるように立つことです。

ターゲット方向と体の向きはスクエアに構えます。イメージとしては、ターゲット方向と体の向きがボールの位置で直角になる状態がポイントです。

構えたとき、左右の足の付け根の直線上にクラブを添えてボールの方向を指すと、体の向きが確認できます。繰り返し練習することで、ラウンド中でも体を正しい方向に向けやすくできるので効果的です。

まっすぐ立つこと、体の向きをターゲットに対しスクエアに向けることがアドレスの正しい入り方です。後は以下の流れを意識して構えます。

<構え方の基本(アドレスの入り方)>

  1. 姿勢良く、背筋を伸ばしまっすぐ立つ
  2. 股関節から上体を曲げて前傾する
  3. 膝は軽く曲げる。膝を曲げた時に、骨盤が寝ないように膝を前に出すのではなくお尻を突き出すイメージ

アイアンで正しいアドレスの構え方を作るポイント

アイアンで正しいアドレスを作るには、構え方の手順などを意識します。ここでは、正しいアドレスを作るための、9つのポイントを解説します。

アイアンはバランスよくグリップを握って構える

アイアンはバランスよくグリップを握ります。
「絶対にこのグリップで握らなければならない」というような決まったスタイルはなく、自分自身がスムーズにスイングできるグリップを知ることが重要です。

ポイントは、バランスよく両手で握れていて一体感があること。また、特に力を入れなくても、グリップがフィットしている感覚を両手で感じられることです。
正しいグリップを理解しておけば、ラウンド中でも微調整できるので修正ができます。

では簡単にグリップを2種紹介します。

●ストロンググリップ
別名「フックグリップ」と呼ばれることからも、左にボールが飛びやすい特徴を持っています。上からグリップを見た際に左手の甲が見える状態で握ります。

●ウィークグリップ
ストロンググリップとは逆に右方向へボールが出やすい握り方です。上からグリップを見ても左手の甲はほとんど見えません。

ボールが左右に飛ぶなら、グリップがストロング過ぎるか、ウィーク過ぎる可能性があります。

またラウンド中に調子が悪いと感じるなら、グリップを短めに握るとクラブヘッドの軌道が安定しやすくなるのでおすすめです。

<具体的な握り方>

  • 左手の3本、中指、薬指、小指に重点を置いて握る
  • 左手指の付け根ラインに沿ってグリップを巻きつける
  • 右手は2本、中指、薬指でグリップを巻きつける

グリップについてさらに詳しく知りたい場合は以下の記事もご覧ください

【プロ監修】アイアングリップの選び方と正しい握り方を徹底解説!

アイアンのアドレスは足幅を肩幅程度に開く

アイアンのアドレスは、足幅を肩幅に開きます。ただし足幅が狭すぎると踏ん張りは効きませんが、体を回転しやすくなります。反対に、足幅が広すぎると踏ん張りは効きますが、体はスムーズに回転できません。

このように「足幅」とひとくくりにしても幅に個人差があるため、自分にとって振りやすく、かつふらふらしない程度が目安です。足幅を微調整しながら最適な位置を探しましょう。

また、段差からジャンプをして、着地するときの足幅が自分にとって最もバランスを取りやすい足幅という考え方もあるので、目安として試してみるのも良いでしょう。

上の点を意識しながら、以下の方法で自分に合う足幅を探します。

<自分の足幅の探し方>

  • ボールが体の中心にくる状態で両足を閉じて立つ
  • ボールの位置は変えずに、そのまま肩幅程度まで片足ずつ均等に開く
  • 7番アイアン、または7番より短いクラブで何度かスイングする
  • スイングしながら自分にとって振りやすくふらふらしない位置を探し微調整する

こちらのドリル動画も参考にしてください。

アイアンのアドレスは背筋で前傾角度をキープする

ボールまでの距離を手首の角度で調整してしまうと、肘が伸びたり手元が体から離れ過ぎたりするなどして、ミスショットを誘発します。また、腰や背中を丸めたり反りすぎたりするなど、背筋が伸びていない状態もよくありません。

前述した正しいアドレスを取ったうえで腕を脱力すると、手のポジショニングが決まります。その手のポジションでクラブを握った時のヘッドの位置に対して球を置けばそこが正しい球の位置になります。

正しくは首から背筋まで伸ばし、お尻を後方へ突き出しながら25~30度の前掲姿勢をキープ、目線だけでボールを見ます。
正しい前傾姿勢を取ったうえで、軽く膝を曲げましょう。

足の付け根を意識し、前後左右の重心バランスを保つことも重要です。
アドレス時にかかとが浮いたり指に力が入ったりする場合は、前に重心がかかり過ぎているので微調整しましょう。

<ポイント>

  • お尻を突き出した状態で首から背筋を伸ばして前傾、25~30度の角度をキープ
  • 正しい前傾姿勢から正しい球の位置を見つけることが重要

前傾角度を解説しているドリル動画も参考にしてください。

アイアンの手の位置は腕を自然に下ろしたところがベスト

手の位置は、腕を自然に下ろした場所がベストです。

前傾姿勢を取り、腕や手首の力を抜いてだらりと垂らします。力が入っていない状態で垂らしたときの腕の位置や手首の角度が、アドレスでのベストなポジションです。あとはその位置で、グリップを体の中心よりやや左で握るだけです。

<ポイント>

  • 前傾姿勢で腕を垂らした時の手の位置がベストポジション

手の位置は以下の動画でも解説しています。

アイアンはハンドファーストでアドレスする

アイアンはハンドファーストに構えると、ダウンブローの力強いインパクトが打ちやすくなります。

しかしダウンブローを意識するあまりに過度なハンドファーストで構えると、体と腕が同調しづらく、ミスショットを誘発するため注意しましょう。

目安は、グリップエンドが左足の付け根を指し、クラブヘッドはボールの位置になる状態が自然なハンドファーストです。

<ポイント>

  • グリップエンドは左足の付け根、クラブヘッドはボールの位置
  • 過度なハンドファーストはかえってよくない

アイアンのアドレスで、ハンドファーストに構えるときの注意点などを解説しているドリル動画も参考にしましょう。

アイアンのアドレスは右肩がやや下がるのが自然

右肩を下げることによって得られる効果を解説したドリル動画です。

ゴルフクラブを握ったときに右手が下にくるので、その分アドレスでも右肩がやや下がるのは自然な構えといえます。

しかし、過剰に下げてしまったり、重心も右に置いてしまったりすると、すくい打ちや力みの原因になるので注意が必要です。

アイアンのボールは左右の足の中心に置く

ボールの位置について解説しているドリル動画です。

アイアンのアドレス時では、左右の足の中央にボールを置く形が定石ですが、人それぞれベストの位置は違うので、微調整しながら自分にとって適切な位置を探しましょう。

たとえば左に寄りすぎるとインパクト時に上体が突っ込みます。かといって右に寄りすぎると体重が右足に残り、インパクトで詰まりスムーズに振れません。

インパクトの形をアドレス時にイメージして構えれば、ボールをどのポジションにセットすればいいのかを把握できるようになります。

<ポイント>

  • 体の中心にボールを置いて構える
  • インパクトの形をアドレス時にイメージして構える

アイアンのアドレス時にトゥ側が浮くならライ角を調整する

正しいアドレスと球の位置で構えた時に、トゥ側が浮いてしまっている場合はライ角の調整が必要です。

【球が捕まらない、グースネックを愛用している人限定】
アイアンのフェースはネックとヘッドのトゥを結んだ部分にボールを合わせる

アドレス時のフェースの向きは、フェース面をターゲットへ向けるのではなく、シャフトの外側とトゥを結ぶラインをイメージし、この直線に沿って垂直に構えます。

フェースは一般的にボールと接する面を指しますが、アイアンではリーディングエッジを指すこともあります。

リーディングエッジはシャフトの中心寄りから右側にあり、ドライバーのようにターゲットにフェース面を向けて構えると開き気味になるのです。そのため、ネックとトゥを結んだ直線をターゲットに向ける形が、アイアンではポイントになります。

慣れるまでは「左にボールが出るのでは?」と打ちづらく感じるかもしれません。しかし、ネックとトゥを結んだ直線を合わせると、ボールはまっすぐ強く上がるようになります。練習を繰り返して感覚を身につけましょう。

<ポイント>

  • ネックとトゥを結んだ直線をターゲットへ向ける

アイアンの正しいアドレスの構え方をマスターする練習法

ここからは、アイアンの正しいアドレスの構え方をマスターするためのドリル動画を中心に、効率的な練習法やアイテムも紹介します。

スクワットでアイアンの正しいアドレスを覚える

アドレス時の注意点を紹介しています。
左右均等に重心をかけてアドレスがとれるように、スクワットで覚える方法が動画のポイントになります。

矯正器具で正しいアドレスを身に着ける

矯正器具を紹介している動画です。アイアンにも使える練習アイテムを10:20あたりから紹介しているので参考にしましょう。

【アドレスチェッカー】

  • 自分に合ったアドレス時の足幅を確認できる
  • アドレス時のボールの位置を確認できる
  • ドローやフェードなど打ちたい弾道のボール位置の目安も確認できる

(楽天)グラビティ ゴルフ アドレスチェッカー
(アマゾン)GRAVITY GOLF スイング練習機 WACCINE アドレスチェッカー

また、アドレス時の方向を感知し音声で知らせてくれるセンサーもあるので、活用してみましょう。

(楽天)ザ・エイミング2 アドレス方向感知センサー 音声 バイブレーション ガイダンス 機能
(アマゾン)ザ・エイミング アドレス方向感知センサー 音声ガイダンス機能モデル

アイアンの正しいアドレスはショットマークで覚える

練習アイテム「ショットマーク」を紹介している動画です。

【ショットマーク アイアン用】

  • ソール部分にも貼れるのでライ角が確認できる
  • 自分のスイングにライ角が合っているかをチェックできる

(楽天)ショットマーク ソールつきアイアン用

(アマゾン) ショットマーク ショットマーク ソールつきアイアン用

アイアンの正しいアドレスは、2本のクラブで前傾姿勢を身に着ける

スイング中に、前傾姿勢が起き上がったり左手が浮いたりしないように打つための練習方法です。

<動画のポイント>

  • アドレスからインパクトまで前傾姿勢をキープするためのドリル
  • 同じくらいの長さのアイアンを2本準備する
  • 1本を左手で杖のように地面につけた状態で持つ
  • 左に持ったクラブが浮かないように、もう1本のクラブを右手で振る

中級プレーヤーこそアドレスの精度を高めよう

スコアが伸び止まりしているゴルファーの中には、正しいアドレスを取れていないケースもあります。

アイアンショットを安定させるには正しいアドレスを理解し、自分のアドレスを改善することが重要です。

今回紹介したアドレスを作るポイントや練習方法を意識し、スコアアップを目指しましょう。

アイアンのスイングや軌道、打ち方についてさらに詳しく知りたい場合は、こちらの記事もご覧ください。

【プロ監修】アイアンのスイング、軌道、打ち方の基本をおさらい!練習動画あり

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

■使用クラブ
ドライバー テーラーメイドM4
FW キャロウェイ XR
UT AKIRA 21° 18°
アイアン AKIRA KS301
52°58° AKIRA 8シリーズ
パター スコッティキャメロン
使用ボール スリクソン zstarXV

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取