【プロ監修】アイアンでまっすぐボールが飛ばない原因は?基本の打ち方やコツを紹介

アイアン

プレーでのアイアンの役割は、打球を思い通りの場所に落とすことです。しかし、中にはまっすぐ飛ばず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

アイアンは、基本を押さえて打たなければまっすぐ飛びません。また、弾道が安定しないと狙った場所にも打てなくなります。ここでは、アイアンをまっすぐ飛ばすために欠かせない基本を紹介します。まっすぐ飛ぶ弾道を手に入れて、スコアアップにつなげましょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

アイアンの基本はダウンブロー

アイアンショットは、ダウンブローが基本です。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点を迎える前に、クラブヘッドが下降している段階でインパクトを迎える打ち方をいいます。

このとき、結果的に上からボールを捉えるため「ダウンブロー=叩きつける」と勘違いするプレーヤーも中にはいます。上から叩きつける打ち方は、まっすぐな弾道になるどころかスイングの崩れる原因になるためNGです。

正しいダウンブローで打てた場合は、打球にバックスピンがかかったり飛距離が伸びたりするメリットがあります。基本に忠実にスイングできているかをチェックする際にも、バックスピン量と飛距離を指標にすると良いでしょう。

ダウンブローの打ち方については下の動画も参考にしてください。

アイアンにおいてダウンブローで打つための練習方法

ここではダウンブローに打つための練習方法を紹介します。

ハンドファーストを意識する

ハンドファーストの姿勢は正しいダウンブローで打つために欠かせません。

ハンドファーストとは、手がクラブヘッドよりも先にある状態をいいます。それにあわせて、体重も左寄りに構えることもひとつの有効な手段といえます。

正しいハンドファーストの姿勢で打つとンパクトの瞬間のフェース面の向きをコントロールしやすくなるため、ミスをした時の曲がり幅を狭めることができます。

正しいハンドファーストの方法は、次の動画でも確認できます。

アドレス時に重心を均等にする

ダウンブローで打つためには、アドレス時に重心を僅かに左足に重心配分を多く構えます。

ただしダウンブローを意識しすぎて極端な左足重心になると、ダフリなどの大きなミスを起こすきっかけにもなるので要注意です。

ダウンブローのインパクトを作るには、インパクト時に左足に重心が乗っていることが必要不可欠です。

スイング軸を固定する

スイング軸の固定も、安定したダウンブローに欠かせません。

軸とは、頭頂部から尾てい骨までを貫いた一本の縦軸を指します。この軸を固定させるためには、スイング中に体の軸を動かさないことがポイントです。

特に腰は、スイングの際に左右に揺らさないよう注意しましょう。アゴを引いて背筋を伸ばしすぎないように構えると、軸がブレることなく安定したフォームで打てます。

ダウンブローの打ち方については、こちらの記事も参考にしてください。

【プロ監修】アイアンをダウンブローで打つコツ!今日から直すドリル動画付き

アイアンでボールがまっすぐ飛ばない原因

ここではボールが真っ直ぐ飛ばない原因を紹介します。

フェースが開いている

アイアンでボールが真っ直ぐ飛ばないときはフェースが開いている可能性があります。

フェースは、インパクトの時点で目標方向へ真っ直ぐ向いている状態が基本です。しかしフェースが右へ開いた状態でインパクトを迎えると、ボールに横回転が加わり真っ直ぐ飛ばなくなってしまいます。

フェースが開く動きを抑えるには、手元が先行する動作やヘッドアップをしない意識で打つことが大切です。場合によってはトップの段階ですでに開いているケースもあるので、注意しましょう。

下の動画も参考にしてください

体の開きが早い

スイング時に体が開くと、振り遅れが生じてフェースが開いたままインパクトを迎えるため、打ち出した方向から右に曲がっていくミスになってしまいます。

また、目標方向を確認する意識が強すぎると、目標を確認するタイミングが早くなり、体が開いてしまう原因になるため注意してください。
飛ばそうとして力むなどの理由で体の回転を速くしすぎた場合にも、クラブよりも体が先行し開いた状態でインパクトを迎えるため、球が右に曲がる原因になります。

スイングがインパクトで終わっている

インパクトに集中するあまりスイングをインパクトで止めてしまうと、打球の方向性が悪くなります。まっすぐボールを飛ばすためには、フィニッシュまで緩むことなく振り切りましょう。

ただし、振り切る意識が強すぎると手打ちになりやすいため、手と体の同調の意識が欠如しないよう注意が必要です。ボールを打つ前に、フィニッシュに意識を持たせて素振りを行うと、スイングが緩みづらくなります

体重移動が大きすぎる

体重移動は、飛距離を出すために欠かせない要素です。しかし体重移動が左右に体を揺さぶるスウェーの動きになってしまうとミスショットにもつながります。

コントロール性に優れたアイアンの特性を最大限発揮するには、正しい体重移動から繰り出す安定したスイングが不可欠です。体重移動がうまくできない場合は、スイング時に体を回転させたときの力を利用してインパクトする感覚を持つと、体をうまく使ってまっすぐ飛ばせます。

また、力がボールに十分伝わるため、結果的に飛距離も出ます。

アイアンでボールを真っ直ぐ打つ練習動画

アイアンでボールを真っ直ぐ飛ばすために、ここでは動画ドリルを交えて、そのポイントを紹介していきます。

前傾角度の状態をキープする

アイアンをまっすぐ飛ばすためには、前傾姿勢を保って打つ意識も大切です。

ドライバーなどの長いクラブと違い、アイアンはシャフトが短く本来は扱いやすいクラブです。しかし、上体が起き上がると長いクラブよりも修正が難しくなります。なぜなら体が伸び上がると安定したインパクトができなくなり、ミート率が著しく下がってしまうからです。

動画のドリルを実践して、前傾姿勢を体に覚えさせましょう。コツは、インパクトを迎えるまで体が浮かない状態を作ることです。

フェースの向きを意識する

フェースの向きを意識することも、アイアンでまっすぐ飛ばすための重要なポイントです。具体的には「フォローでボールを押していく感覚」を養いましょう。

紹介しているドリル動画(2:08~)でも、フォローの状態でフェースを変に返したり開いたりせずに打つ大切さを解説しています。フェースの向きと前傾角度を意識し、フォローでボールを押す感覚をつかみましょう。

また、アイアンのフェースはまっすぐの状態ではかぶっているように見えます。そのため、感覚的に少しかぶって見える程度の位置に構えると良いでしょう。

グリップとの相関性を見直す

グリップも確認しましょう。ストロンググリップ・ウィークグリップ・スクウェアグリップそれぞれの握り方によっても、ボールの飛ぶ方向が変わってきます。

握り方がストロングでは左に、ウィークは右に飛ぶ傾向が一般的です。そのため、まっすぐ飛ばないときはグリップとフェース面の相関性について見直すことも方法の1つです。

動画でも打球が安定しないときはグリップの見直しをすすめています(5:09~)。

ボールを正しい位置に置く

アイアンでボールを右に置きすぎるケースがありますが、スイングが崩れるきっかけになるので注意しましょう。また、右に置くとハンドファーストになりすぎてミスショットの確率も上がってしまいます。そのため、ボールは真ん中よりも左に置く意識を持ちましょう。

1つ目の動画では、実際にボールを置く位置の感覚が把握できます。ボールは同じ場所に置き、クラブの長さによって右足だけが動いていく感覚を持つと、適正な位置で打つことができるでしょう。

次の動画では、スイング軌道のどこにボールを置くかを確認できます。

おすすめの真っ直ぐ飛ぶアイアン3選

アイアンを真っ直ぐ飛ばすために、道具にも目を向けてみましょう。ここでは、飛び系のおすすめを3つ紹介します。

EPIC FORGED STAR

「サスペンデッド・エナジー・コア・テクノロジー」を採用したアイアン・EPIC FORGED STARは、高い打ち出しと最適なスピン量を実現する名品です。

また、低重心構造がユーティリティー感覚で打てる扱いやすさをもたらすほか、「360フェースカップ」により、ミスショットした際の飛距離のロスも抑えます。

打感やフィーリングも良く、真っ直ぐ飛ばしたい人に適しています。


ピン G710アイアン

ピン G710アイアンは飛距離性能にこだわった飛び系でありながら、ミスヒットした場合の飛距離のロスは最小限に抑えるクレバーなアイテムです。

インパクト時の振動を抑制する構造で、打感と打球音が心地よい点が魅力です。また性能だけでなく、スタイリッシュなガンメタリックカラーのルックスも所有欲をくすぐります。気持ち良く真っ直ぐ飛ばしたい人に合ったアイアンです。


ブリヂストン PHYZ

ブリヂストン PHYZは、高弾道の大きな飛距離を生み出すことを得意とするアイアンで、操作性にも優れている点が強みです。

360度ポケット構造、ワイドソール設計を採用しミスショットに強くいうえ、打撃部の裏面にターボラバーを配置することにより、インパクト時の不快な振動も抑えています。

忠実に真っ直ぐ目標に向けて飛ばしていきたい場合に最適のアイアンです。


アイアンでまっすぐ飛ばすには基本に立ち返ろう

アイアンでまっすぐ飛ばすには、基本が大切です。
ダウンブローで体が開いていないか、フェースの向きが正しいかなどの見直しを行ったうえで、基本に立ち返り練習することが重要です。

記事で紹介したポイントを取り入れ、これまでの知識や体験をブラッシュアップして練習を行えば、理想的なまっすぐ飛ぶ弾道が手に入るでしょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

■使用クラブ
ドライバー テーラーメイドM4
FW キャロウェイ XR
UT AKIRA 21° 18°
アイアン AKIRA KS301
52°58° AKIRA 8シリーズ
パター スコッティキャメロン
使用ボール スリクソン zstarXV

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取