【プロ監修】アイアンでフェードを打つには?現役プロの打ち方&練習動画付き

アイアン

正確に落下地点を狙えるフェードボールは、ボールを上手くコントロールしつつ、ゲームを優位に進めるために欠かせないショットです。

この記事では、アイアンでフェードを打つためのテクニックや効果的な練習方法を、現役プロのレクチャーを交えながら解説します。動画付なので、ぜひ参考にしてみてください。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

フェードボールとは

ここでは、フェードボールとは何かを説明します。

フェードは落ち際にボールが右に曲がる弾道

フェードボールとは、ドローやスライス、フックと同じ球筋の一つです。
打ち出したボールがやや左か直進方向へ飛び出し、落下する時に狙ったポイントへ向けて右へカーブする打球を指します。

上の弾道は右利きのプレイヤーを前提としているので、左利きの場合はボールが落下していく際にわずかに左に切れていく打球です。

フェードボールは、ドローボールに比べてバックスピン量が多くなるためランが少なく、狙った場所にぴたっと止まるコントロール性の高いショットです。この点が、プレイヤーの予想に反した弾道を描くスライスやフックとは大きく異なります。

このショットをマスターすると、飛び過ぎによる池ポチャやバンカーを避けながら正確に落下地点を狙えるため、コースに対するマネジメントがしやすくなります。

弾道がフェードになる仕組み

フェードボールは、スイングの軌道とクラブのヘッドの向きで決まります

フェードボールを打つとき、クラブフェースはターゲットラインに対してスクエアもしくはややオープン気味の状態で、インサイドにスイングする必要があります。

このクラブ軌道、フェース面でショットすることでボールの回転軸が右に傾き、落下の際に右に曲がりながら落下していくのです。

ドライバーのフェードの打ち方を知りたい人はこの記事もチェック!

【プロ監修】ドライバーでフェードを打つメリットは?パワーフェードのドリル付き・打ち方付き

 

アイアンでフェードを打つ方法

ラウンドの中に最も使用回数が多いアイアンを使用したフェードボールの打ち方を動画とともに紹介します。正しい打ち方をマスターし、フェードボールを駆使してゲームを優位に進めましょう。

ターゲットに対しやや右を向くオープンスタンスで構える

ボールをストレートに打つ時は肩のライン、膝のライン、腰のライン、つま先のラインがターゲットラインと平行になるよう、スクエアに構えるのが基本ですが

フェードボールを打つ際は、目標方向よりも左に打ち出して右に曲げたいため、クラブのフェースはターゲットを指す状態にして体のラインを全体的にターゲットよりも左を向くオープンスタンスで構えます。

<ポイント>

  • オープンスタンスで構える際の位置取りはボールに対してコンパスで円を描くように右に回りこむようにして構える。

この時に、クラブのフェースはターゲットを示しており、体は目標よりも左に向く格好になります。

スライス回転のかかったボールを打つ

この状態でスタンス沿いにスイングすることで、スタンスは右を向いているため、目標に対してアウトサイドインの軌道になり、フェースがボールにコンタクトした時に、ボールがカット状態になりスライス回転がかかります。

このスライス回転により、打った打球は打ち出した方向よりも右に曲がりながら落下する弾道になります。

<ポイント>

  • コンタクトの際にボールに無理に回転をかけようとしなくとも、ターゲットに対して右に回り込むオープンスタンスで構えることで、スタンス沿いにスイングするだけで自然とボールにスピンがかかるため、フェードボールを打てます。

【長岡プロ&中井プロ流】アイアンでドローとフェードを使い分ける方法

ここからは、アイアンでドローとフェードを使い分ける方法を現役プロの動画とともに紹介します。

人それぞれ打ちやすいショット打ちにくいショットはあると思いますが、様々な打ち方を試しながら自身が一番打ちやすい打ち方を習得してショットの技を磨きましょう。

長岡プロと中井プロ、芹澤プロと藤田プロそれぞれのショットから、自分に合う方法を選び、身に着けるとよいでしょう。

ボールとスタンスの向きを変えて球筋を操る

長岡プロ&中井プロが紹介するドローとフェードの打ち方を紹介します。両プロの打ち方の特徴は、ボールとスタンスの向きを変えて球筋を操る点にあります。

<ドローの打ち方>

  • ボールの位置を体の正面からやや右側に置き、脚のスタンスと肩は右方向に設定してスイングする

<ドローの球筋>

  • ボールは右へ飛びだし、ターゲット方向へ左に落下していく

<フェードの打ち方>

  • ボールを正面からやや左に設定し、アウトサイドから打つ

<フェードの球筋>

  • ターゲットに対し左に出た後、ピンへ向かいながら右方向へ落下する

それぞれの打ち方を練習してドロー・フェードの打ち方を身につけましょう。もしもドローとフェードの使い分けができなくても、自分がドローとフェードどちらが得意かを理解することだけでも重要です。

ドローとフェードそれぞれの技術を試して、自身が得意なショットを理解し、上手くゲーム進めましょう。

【芹澤プロ&藤田プロ】アイアンでドローとフェードを使い分ける方法

続いて紹介するドローとフェードの打ち方は、芹沢プロや藤田プロが教えるショット技術です。

長岡プロ&中井プロの紹介するドローとフェードの打ち方がマスターできない場合はこちらの打ち方を試してみるのも良いと思います。様々な打ち方による技術を身につけましょう。

腰の使い方で球筋を変える

芹澤プロ&藤田プロが紹介するドローとフェードの打ち方のポイントを紹介します。ボールに対する立ち位置は先述の両プロと変わりませんが、腰を上手く使ったドローとフェードの使い分けになります。

<ドローの打ち方>

  • トップで腰を前方にスライドさせながらインサイドアウトで打つ

<ポイント>

  • クラブがインサイドから入ってアウトサイドに抜ける軌道になりドローが打てる。

<フェードの打ち方>

  • 腰をきるようにスイングし、アウトサイドインで打つ

アイアンでフェードが打てるドリルまとめ

ここでは、アイアンでフェードを打つためのドリルトレーニングを、動画を交えながらいくつか紹介していきます。

様々なドリルを取り入れて、アイアンでフェードを上手く打てるようになりましょう。

アイアンの距離が安定するフェードの打ち方

アイアンの距離の安定性を高めるためのドリルトレーニングです。アイアンの安定したスイングはスコアにつながる重要なポイントです。

<打ち方のポイント>

  • フェースは打ち出し方向に対してまっすぐに構える。
  • スタンスは目標よりも5ヤードぐらい左を向いた状態でややオープン
  • まっすぐ腕を伸ばした状態でクラブをインに抜くイメージでインパクトをする。
  • インパクト時は十分に腰を回転させる。

この打ち方を何度も練習してアイアンの安定性を高めていきましょう。

フェードに必要なスライス回転を覚えるロブショット

フェードボールを打つために必要な、スライス回転を覚えるロブショットのドリルトレーニングです。

<打ち方のポイント>

  • 体を左方向に向けフェースを開く。
  • クラブを左に抜くように打ち、ボールにスライス回転をかける

シャットフェースで低いフェードを作る

低いフェードボールを打つには、シャットフェースの状態からしっかりと腰と下半身を動かし、ヘッドをインサイドに抜いていくことが重要です。

<打ち方のポイント>

  • シャットフェースでスイングする。
  • 腕だけのスイングではなく、体全体で回転しながらヘッドがインサイドに抜けるように打つ。

この2つを作れれば強めのフェードを打つことが可能になります。

アイアンでフェアウェイから打つ軽いフェード

フェアウェイから軽いフェードを打つためのドリルトレーニングです。

<打ち方のポイント>

  • 右に重心が残っているとアッパー軌道でダフッてしまったり、球が捕まりすぎてしまう原因にもなるため、アドレス時の重心は左6:右4を意識する。
  • ターゲットに対して少しインサイドに抜くイメージで振りぬき、ボールにスライス回転をかける
  • 手だけで振りぬかず、腰もきりながら体全体の連動を意識してショットする。

フェードの打ち方を学んで練習を積み、技の習得に励もう

アイアンのフェードボールはコントロールしやすいショットです。

この弾道を取得することは、ゲームを有利な展開に運ぶことにつながります。動画を見ながら練習に取り入れてフェードの取得に励みましょう。

 アイアンと同じぐらいドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

■使用クラブ
ドライバー テーラーメイドM4
FW キャロウェイ XR
UT AKIRA 21° 18°
アイアン AKIRA KS301
52°58° AKIRA 8シリーズ
パター スコッティキャメロン
使用ボール スリクソン zstarXV

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取