【プロ監修】ローリー・マキロイのアプローチ動画を解説!

プロゴルファー
【プロ監修】ローリー・マキロイのアプローチ動画を解説!

下記ページもチェックしてみてください。
【プロ監修】ローリー・マキロイのドライバースイング動画を解説!
【プロ監修】ローリー・マキロイのアイアンスイング動画を解説!
【プロ監修】ローリー・マキロイのパター動画を解説!

 ドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

ローリー・マキロイのアプローチ【正面】

体のターンで振っていく

ローリー・マキロイ選手はアプローチでもフルショットと同じ下半身の動きをしています。

インパクト前後でしっかり腰を回転させているので、小さなテークバックでもしっかり距離が出せます。この打ち方ならインパクトで緩むこともなく、ダフリやトップのミスも出にくくなります。

また、マキロイ選手は体の回転量で距離感を出しています。腕で打っていて距離感がバラつくという人は、マキロイ選手のアプローチを参考にすると良いでしょう。

フェースを開いてバンスを生かす

マキロイ選手は基本的にフェースを開いてアプローチします。フェースを開くことでバンス角が増え、ウェッジの刃が刺さるのを防げるからです。

「フェースを開くと球が上がりすぎて距離が合わない」という方は多いでしょう。マキロイ選手のようにハンドファーストを維持したまま低くフォローを出せれば、フェースを開いていても球の高さは安定します。

またマキロイ選手のセットアップを見ると、低く打ち出したいときはボールの近くに構えていることがわかります。ボールの近くに構えるほど低くフォローを出せるので、そこも参考にしてみると良いでしょう。

ローリー・マキロイのアプローチ【後方】

マキロイ選手のハーフスイングです。フルショットと同じようにダウンスイングはインサイドから下ろしてるのが特徴です。

セットアップの時点でスタンスと肩のラインをややオープンにして、テークバックをアウトサイドに上げやすくしています。アウトサイドに上げていくことで、ダウンスイングでインサイドから下ろしやすくなるからです。

インサイドから下ろしていくメリットは、フェースにボールがしっかり乗り、方向性と距離感を合わせやすくなることです。

カット打ちでウエッジの距離感がバラバラになってしまう方は、マキロイ選手のようにインサイドから下ろしていく意識を持ちましょう。

次にインパクト直後からフォローに注目すると、フェースが返っていることがわかります。これはつまり、ハーフスイングでもフルショットと同ように身体をしっかりターンさせているということです。

あえてフェースを返さないように肘を抜く、というようにアプローチのときだけ特別なスイングをする人が多いですが、マキロイ選手はアプローチでもフルショットでもスイングを変えません。その方が再現性が高くなり、ザックリやトップのような大きなミスが出にくくなります。

ローリー・マキロイのアプローチ【激うま】

マキロイ選手のトーナメントでのアプローチ(見た感じ40ヤードほどでしょうか。)です。

ピンは2段グリーンの上段にあり、さらにグリーンは速くて止まりにくい状況なので、ふわっと上がってさらにスピンも効いたボールを打ちたいところです。

まずセットアップですが、高いボールを打つためにかなりフェースを開いてロフトを寝かしています。さらにボールから離れた位置でスタンスを取ることで、ダウンブローではなくレベルブローに打ちやすくしています。

次にフォローですが、アウトサイドにヘッドを出していることがわかります。昔はスピンをかけるときはヘッドをカットに入れていくのが常識でしたが、今のウエッジは性能が高いため、アウトサイドにヘッドを出しても充分にスピンが効きます。トゥ側で打つと溝を長く使えてさらにスピンをかけれるので、キュッと止まるアプローチがしたい方はぜひ試してみてください。

ショートもオーバーもできないアプローチでは怖がってインパクトが緩みがちですが、マキロイ選手はこの状況でもしっかり振り抜いています。メンタルの強さももちろんありますが、小手先ではなくボディターンで打つマキロイ選手だからこそできたスーパーアプローチだとも言えます。

下記ページもチェックしてみてください。
【プロ監修】ローリー・マキロイのドライバースイング動画を解説!
【プロ監修】ローリー・マキロイのアイアンスイング動画を解説!
【プロ監修】ローリー・マキロイのパター動画を解説!

 ドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取