【プロ監修】ローリー・マキロイのパター動画を解説!

プロゴルファー
【プロ監修】ローリー・マキロイのパター動画を解説!

下記ページもチェックしてみてください。

【プロ監修】ローリー・マキロイのドライバースイング動画を解説!

【プロ監修】ローリー・マキロイのアイアンスイング動画を解説!

【プロ監修】ローリー・マキロイのアプローチ動画を解説!

 ドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

ローリー・マキロイのパター【グリップ】練習動画

ローリー・マキロイ選手のパターのグリップは、逆オーバーラッピングです。逆オーバーラッピングはショットと同じように左手が上、右手が下のオーソドックスなグリップで、ストロークが安定しやすいという特徴があります。

マキロイ選手の場合、他の逆オーバーラッピングの選手と比べて右手と左手がすこし離れています。こうすると右手に力が入ってもフェースが開いたり閉じたりしにくくなるため、方向性を出しやすくなります。

またマキロイ選手が行っている左手一本のパター練習ですが、この練習はなるべく手を使わず体の動きで打つトレーニングで、ストロークを安定させる効果があります。アマチュアにも効果のある練習方法で、手首を動かさない、左腕の長さを変えないことを意識して取り組むとパターが上達するので、ぜひ試してみてください。

PGAツアーの速くて難しいグリーンでは、右手の感覚頼みのパッティングをしていると、力んだり緩んだりしてミスパットになってしまいます。そうならないために、マキロイ選手は右手と左手が離れたグリップ、左手一本の練習でストロークを安定させることを強く意識しており、これが世界ランキング1位の強さの秘訣となっているのでしょう。

ローリー・マキロイのパター動画

マキロイ選手のパッティングの特徴は強いインパクトにあります。あくまで距離感は振り幅で決め、下りのパットもショートパットもインパクトの強さは一定です。

インパクトが強いとストロークが安定する、傾斜でも曲がりにくい、グリーン上の小さな凹凸(スパイク痕など)の影響を受けにくい、カップに蹴られにくい、といった多くのメリットがあるので、インパクトの強いパッティングができるようになりましょう。

マキロイ選手のように強いインパクトでパッティングするには、手ではなく体の動きでストロークする必要があります。手で打ってしまう人は下りのパットや短いパットで緩んでしまい、インパクトが弱くなってしまいます。

また、強いインパクトを手に入れるにはパッティングのリズムも大切です。マキロイ選手のパッティングを見ていると、テークバックよりダウンスイングの方が速くなっています。イメージとしては、トンカチで釘を打つリズムに似ていますね。

パターの練習の時、ヘッドの軌道ばかりを意識してるとリズムが悪くなってしまいます。またリズムが悪くなるとストロークも安定しなくなるという悪循環に陥ってしまうので、練習の時でもマキロイ選手のパッティングのリズムを意識すると良いでしょう。

ローリー・マキロイのパター【スパイダー】について

マキロイ選手は2019年度、テーラーメイドのスパイダーXを使用していました。

スパイダーXの特徴として、まず構えやすさが挙げられます。視覚効果を用いた技術で、ボールをフェースのセンターに置きやすくなってるため、ミート率アップにつながります。

また重心深度を深くすることにより慣性モーメントが拡大し、ストロークが安定しやすくなります。ピンタイプのパターと比べてもはっきりと体感できるほど安定するので、ストロークで悩んでいる方にはおすすめです。

さらに、テーラーメイドらしいラインの入った柔らかいフェースインサートも打ち出し直後から順回転を与えてくれるので、傾斜に影響されにくくショートパットのカップイン率が飛躍的に上がるでしょう。

ローリー・マキロイのパター【ナイキ】について

マキロイ選手は2016年度、ナイキ メソッド オリジン パターでツアーを1勝しています。

ナイキ メソッド オリジン パターはフェースインサートにナイキのゴルフボールであるRZNと同じ素材を使っています。この素材をインサートにすることで反発力が高まり、インパクトで当たり負けしてフェースが開閉するのを防ぐことができます。

またヘッドは精密に削り出されているので、ピンパターでありながら安定したストロークが可能となります。

やさしいピンパターが欲しいという方は、ナイキ メソッド オリジン パターを使ってみると良いでしょう。B1とB2の2モデルが発売されていますが、マキロイ選手が使用していたのははB2モデルです。

ローリー・マキロイのパター【テーラーメイド】について

テーラーメイドのTPコレクションブラックカッパーSOTOもマキロイ選手が使用していたパターです。

TPコレクションブラックカッパーSOTOの最大の特徴は、溝の1本1本が斜め45度下を向いていることです。インパクトの瞬間この溝がスパイクのようにボールを掴むため、ボールは打ち出しからすぐ順回転になります。

ピンパターはマレットに比べてロフトが寝ているためスピン量が多くなりやすいですが、TPコレクションブラックカッパーSOTOは違います。

またヘッド下部はウェイトを装着できるので、自分に合った重さ、重心へカスタムができます。

グリップも人気のスーパーストロークなので、ピンパターにもやさしさを求める方にはおすすめです。

ローリー・マキロイのパター【長さ・インチ】について

マキロイ選手のパターの長さは33インチと言われています。マキロイ選手の身長が175cmであることを考えると、パターの長さは一般的だといえます。

しかしマキロイ選手はパターを頻繁に変えており、長さを変えることもあります。今はスパイダーXを使っていますが、パッティングに悩まされた時期もあり、モデルやグリップ、そして長さを何度も変えてきました。マキロイ選手のレベルでも自分に合うパター選びは大変なようです。

マキロイ選手のように強いインパクトでパッティングをするタイプの人なら、短いパターの方が合っています。ただし、短いパターは慣性モーメントが小さくなり手打ちになりやすいため、体を使ってストロークすることを心がけましょう。

 

下記ページもチェックしてみてください。

【プロ監修】ローリー・マキロイのドライバースイング動画を解説!

【プロ監修】ローリー・マキロイのアイアンスイング動画を解説!

【プロ監修】ローリー・マキロイのアプローチ動画を解説!

 ドライバーの悩みも解決したい方は必見!ドライバーおすすめ62選! 

【2020年最新版】おすすめドライバー62種を徹底解説!目的別の選び方

 とにかく上手くなりたい方はライザップゴルフのぺージを一度見てみてください!ゴルフ人生が大きく変わるかもしれません! 

【50分の無料レッスン体験実施中】分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

クラブ買取

この記事を監修したプロゴルファー

樋口 健太郎

1991年10月2日、京都生まれ。父の勧めで小学校低学年から地元のゴルフスクールに通い始める。スポーツ推薦で千葉学芸高校から立命館大学へ進学。7年間体育会ゴルフ部でゴルフの技術とゴルフを通した人格形成を学ぶ。2016年、PGAプロテストに合格し、現在は出場権のある試合に出場し、並行してコースデビューからアスリートゴルファーまで幅広いレベルのゴルファーにレッスンを行なっている。大切にしていることは、まずはゴルフを楽しむこと。レッスンの面では確率やデータ、試合での経験に基づき、効率よくスコアアップのお手伝いをすること。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

クラブ買取